富山県 廃道 廃墟一覧

水平歩道(他)
水平歩道
水平歩道(すいへいほどう)は富山県黒部市の欅平から仙人谷まで続く歩道(登山道)。 東洋アルミナムが水力発電用ダム建設の調査のために、1920(大正9)年に開通させ...
高天原新道
高天原新道は、富山県富山市の薬師見平付近を通っていた登山道。 1964(昭和39)年に開拓されたが、1969(昭和44)年の集中豪雨で通行不能となり、廃道化。その後、198...
大牧トンネル旧道(国道156号線)
富山県南砺市の国道156号大牧トンネル旧道。 崩落が激しく危険な状態にある。
国道156号上梨トンネル旧道
富山県南砺市にある国道156号上梨トンネル旧道。現在の飛越峡合掌ラインの旧道にあたるらしい。 トタン屋根とコンクリートのロックシェードがあり、前者は資材置き場に...
祖母谷温泉の旧道
富山県黒部市の名剣温泉から祖母谷温泉へ向かうルートにある旧道。 現道はトンネルになっているが、脇に旧道跡がある。封鎖されており危険。

ピックアップ廃墟