三重県津市半田の寝仏。 付近には大戦中の地下軍需工場跡があり、その地下壕跡を利用し奈良県生駒の信...

津市半田の寝仏

津市半田の寝仏 概要・歴史

三重県津市半田の寝仏。 付近には大戦中の地下軍需工場跡があり、その地下壕跡を利用し奈良県生駒の信...

津市半田の寝仏 画像

津市半田の寝仏
2018/04 ©Google

近くのスポット

津市半田の寝仏 ストリートビュー・空中写真

津市半田の寝仏 関連ブログ・参考リンク

http://teeart.blog107.fc2.com/blog-entry-165.html
blog読者のたにまちさんより、津市半田地区に関するいろいろな情報を頂いた。その中に、寝仏の情報と、その近くにある地下壕の情報があった。今回、その全貌を探るべく、ここ、津市半田地区へとやってきたのだ。googlemapの航空写真にも写っている巨大な寝仏。まるで
http://yoshio-niikura.cocolog-nifty.com/tanabota/2014/05/post-8924.html
これは三重県津市半田というところの丘陵地を撮影した写真。真ん中の緑色の物体は何だ。もしかして巨大な仏像なのか?「伊賀探索」の下調べの折りに見つけ、調べたがよくわからない。なので、帰りがけに寄ってみた。(探索の本題である記事のほうはまだね)航空写真では周囲に道路
http://evnara.blog.fc2.com/blog-entry-18.html
この巨大地下壕の一部をリニューアルし、宗教施設に転用しようとした時期があるそうで、おかみさんの話によると、工事の依頼人は奈良県生駒の信貴山だそうです。資金繰りの悪化で計画は途中で頓挫してしまった様で、おかみさんは完成を非常に楽しみにしていたそうです。参拝客の見
http://cryhug949.blogspot.com/2016/04/blog-post.html
津市半田の洞窟と巨大寝仏を見てくる 廃墟系のブログをネットでいろいろ見ていたら、 津市に巨大な地下壕の跡が残っていることを知ってしまったので、 どんなものなのかと見てきました。 まず入り口。 不気味な口を開いていた。
http://cryhug949.blogspot.jp/2016/04/blog-post.html
廃墟系のブログをネットでいろいろ見ていたら、津市に巨大な地下壕の跡が残っていることを知ってしまったので、どんなものなのかと見てきました。まず入り口。不気味な口を開いていた。たった一人で来たので怖いが少し中に入ってみる。この穴は下に向かって伸びているが、数メート
http://dust514.blog.fc2.com/blog-entry-32.html
やぁ、二日続けての連投今回はDUSTに関係ないので、と予め。ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、私はにわか廃墟好きということで今日は一日