堀之内軌道(佐栗谷隧道) 概要・歴史

堀之内軌道は静岡県にあった軽便鉄道。堀之内町(敷設当時は西方村、現菊川市)の東海道本線堀之内駅(現菊川駅)前から池新田村(現御前崎市)までの区間を通っていた。

1899(明治32)年8月19日に堀之内 - 南山間の馬車鉄道として開業。後に「オット機関車」と呼ばれる、ドイツ製の小型ディーゼル機関車が導入された。1935(昭和10)年12月4日廃止。

菊川市高橋字佐栗谷と御前崎市新野の境界に佐栗谷隧道(さぐりやずいどう)が残っている。静岡県道37号掛川浜岡線の旧道トンネル脇にある位置する。全長93.3mル。両端は煉瓦造り、中央部は堀り放しとなっている。

御前崎市側の抗口は既に埋められている。菊川市側の抗口は現存するがバリケードで塞がれており、夏季は草木に覆われている。

また終点に近い静岡県立池新田高校周辺には、線路跡を示す「オットのみち」と書かれた看板が住宅地に立てられている。

現在、美津屋食堂のある付近が終点・池新田駅で、昭和50年代まで駅舎が残っており、時計店(石原時計店)として利用されていたという。

状態
2019年05月17日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

堀之内軌道(佐栗谷隧道) 住所

静岡県菊川市高橋

堀之内軌道(佐栗谷隧道) 種類

廃線・鉄道駅

堀之内軌道(佐栗谷隧道) 画像・写真

堀之内軌道(佐栗谷隧道)
堀之内軌道の佐栗谷隧道(2007年)

堀之内軌道(佐栗谷隧道) ストリートビュー・空中写真

堀之内軌道(佐栗谷隧道) スポット

堀之内軌道(佐栗谷隧道) ブログ・リポート

「オットのみち」を知ってますか?: たなぼた
http://yoshio-niikura.cocolog-nifty.com/tanabota/2013/03/post-07bd.html
ここは静岡・御前崎市。辺りはすっかり住宅街でもうほとんど線路跡だった面影はないけれど、菊川方向の山道に行けばまだその痕跡を見ることができる。ほら県道から離れてヤブを分け入ったこの笹の向こう。なんか、赤っぽいものが見えてきたね。これが旧堀之内軌道の遺構・佐栗谷隧
堀之内軌道 - 佐栗谷隧道 - 「ここらを知る旅」ココラノ通信(待機中)
http://d.hatena.ne.jp/cocora/20110109/1294579130
今年初の探索は、旧県道37号掛川浜岡線にある佐栗谷隧道に来ました・・・・が、今回は、そのすぐ西側にある(堀之内軌道の)佐栗谷"廃"隧道を探しに来ました。この草薮の奥に目的の廃隧道があるらしいですが・・・・見えないですよね・・・・。現地でよく目を凝らしてもら
佐栗谷隧道
http://haisentn.s78.xrea.com/tunnel/main180.htm
県道トンネルの西隣には道路隧道の10年後に開通(延伸)した「堀之内軌道」(大正12年開通~昭和10年廃止)の佐栗谷隧道も現存している。夏場は深い薮に覆われているが上写真の旧県道と鳥居の間に見える窪地が、堀之内軌道の廃線跡である。佐栗谷隧道(堀之内軌道)掛川側坑
久々の佐栗谷トンネル : 田沼古道を歩く
http://micmacbig.exblog.jp/21523602/
御前崎の帰路久々に堀之内軌道の名遺構である「佐栗谷トンネル」に会いに行ってきました。廃線後長い期間そのままの状態でしたので例に依ってジャングル化して行く手を遮っており、辿り着くのは用意ではなかったトンネルです。こちらとかそちらです。そんな中、地元の方々が草木を
堀之内軌道
http://www1.m.jcnnet.jp/masa-tee/sizuoka/hori.html
明治22年(1889)4月16日東海道本線の静岡~浜松間が開業し堀之内駅(現・菊川駅)が開設されると堀之内の駅周辺は徐々に栄えて行き、やがて明治26年堀之内~池新田間に鉄道を敷設する計画が地元の有力者や実業家の間でもたれた。明治29年8月28日馬車鉄道敷設の申
堀之内軌道  : 田沼古道を歩く
http://micmacbig.exblog.jp/17354355
そんまま南下していよいよ最大とも言えるキーワードの「佐栗谷トンネル」ですが様子が解らず行ったり来たりでウロウロしてしまいました。そのまま37号線を行きますと切り通しで進みますが、其の手前の「新野方面」の看板の所を左に進みます。(旧道ですね)そこのトンネルの西側
堀之内軌道
http://www1.m.jcnnet.jp/masa-tee/sizuoka/hori2.html
堀之内駅前停留所のあった元堀之内駅、現在の菊川駅の交番の前から廃線跡の探索を始める。 南山を後にして進むと軌道は小さな山にさしかかりその手前から県道と分かれて専用軌道を走っていたようで、山を越える部分には現在も佐栗谷トンネルが藪に 
FP渡辺のちょっといいはなし : 堀之内軌道 佐栗谷隧道(再訪)
http://blog.livedoor.jp/rikiyasan3445/archives/5066961.html
夏場に草と水たまりと虫に阻まれてたどり着けなかった、「貴重な明治時代の隧道」に来ることができました。「ちゃんと近隣を整備して観光名所にすればイイのに~」って思いました。FP渡辺のお金のけっこういいはなし
堀之内軌道 - 佐栗谷隧道 - 「ここらを知る旅」ココラノ通信
http://d.hatena.ne.jp/cocora/20110109/1294579130/
近くに在るけど見えない・・・。 今年初の探索は、旧県道37号掛川浜岡線にある 佐栗谷隧道 に来ました・・・・ が、 今回は、そのすぐ西側にある(堀之内軌道の)佐栗谷"廃"隧道 を探しに来ました。この草薮の奥に目的の廃隧道が
堀之内軌道の忘れ形見 : 城東電軌
http://kitoudenki.exblog.jp/6868321/
みなさん堀之内軌道って知ってますか? 昭和初期に廃線になった軽便で、現在の東海道線菊川駅から御前崎市(旧浜岡町)まで併用軌道を走っていました。ドイツ製の単気筒ディーゼルエンジンを積んだ機関車(銚子にあるヤマサ醤油
静岡・御前崎の廃線跡をたどる。。。
http://ameblo.jp/shokokai-satte/entry-12257000662.html
少し前に出かけてきたのが、静岡県御前崎市 かつてここには、静岡鉄道駿遠線が走っていました その廃線跡は結構有名ですが、もう一つ走っていたのが~ 【軽便鉄道・堀之内軌道なんです】 東海道本線堀之内駅(現菊川駅)前から池新田村(現

ピックアップ廃墟