千頭森林鉄道 概要・歴史

千頭森林鉄道(せんずしんりんてつどう)は静岡県榛原郡川根本町の大井川水系寸又川一帯にあった森林鉄道。東京営林局千頭営林署が運営していた。

中部電力の前身の一つとなる第二富士電力が千頭ダムの建設に際して、千頭御領林(後の千頭国有林)から伐採される木材を寸又川を用いた筏で運搬出来なくなることに対して、水利権の補償として建設した。1931(昭和6)年9月、寸又川専用軌道の沢間 - 大間間(10.5km)が開通。木材は沢間から川根電力索道に積み替えられて輸送された。

1935(昭和10)年に千頭ダムが完成。1938(昭和13)年には大間発電所が完成、富士電力専用軌道は帝室林野局名古屋支局千頭出張所に無償譲渡され、千頭森林鉄道に改称された。

その後も延伸が進められ、戦後1951(昭和26年年になると千頭 - 尾崎坂間で、寸又峡温泉への観光客、宿泊客用の列車の運行開始。

1969(昭和44)年、全線廃止。

千頭駅~沢間駅は現在も大井川鐵道井川線の現役路線で、沢間駅~大間駅は道路に主に転用され比較的容易に廃線跡を辿れる。大間駅~千頭堰堤も徒歩であれば通行可能だが、千頭堰堤~大樽沢、さらに以北は非常に状態が悪く、相応の準備と経験なしに近付くことはできない。途中には橋梁跡やロックシェード跡など数多くの遺構が見られる。

また寸又峡温泉には千頭森林鉄道の車両が保存されている。

状態■■
2019年03月28日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

千頭森林鉄道 住所

静岡県榛原郡川根本町奥泉

千頭森林鉄道 種類

廃線・鉄道駅

千頭森林鉄道 画像・写真

千頭森林鉄道
寸又峡温泉に保存されている千頭森林鉄道の車両

千頭森林鉄道 ストリートビュー・空中写真

千頭森林鉄道 スポット

千頭森林鉄道 ブログ・リポート

廃線レポート 千頭森林鉄道 沢間駅~大間駅
http://yamaiga.com/rail/senzu/main3.html
2010年4月19日 廃線レポート 千頭森林鉄道 沢間駅~大間駅. 沢間~大間発電所
廃線レポート 千頭森林鉄道 千頭堰堤~大樽沢 - トップページへ戻る
http://yamaiga.com/rail/senzu/main18.html
廃線レポート 千頭森林鉄道 千頭堰堤~大樽沢. もう延々廃道だけだと思っていた ので、嬉しい。 なお、この橋を渡って対岸の斜面 どうやらこの堰の正体は、下流に ある千頭堰堤への土砂の流入量を少しでも減らすための砂防ダムだったようだ。 もはや これ
廃線レポート 千頭森林鉄道 千頭堰堤~大樽沢 - トップページへ戻る
http://yamaiga.com/rail/senzu/main11.html
生まれ変わることなく消えていった、より濃厚な廃線区間なのである。 言うまでもなく、 踏査
廃線レポート 千頭森林鉄道 沢間駅~大間駅
http://yamaiga.com/rail/senzu/main4.html
廃線レポート 千頭森林鉄道 沢間駅~大間駅. とりあえず、林道に刻まれた多数の轍
廃線レポート 千頭森林鉄道 千頭堰堤~大樽沢 - トップページへ戻る
http://yamaiga.com/rail/senzu/main17.html
あまりに突拍子がない場所に現れた坑門は、客観的かつ状況証拠的には明らかに千頭 林鉄の隧道であるにも拘わらず、私の中では即座には結びつかなかった。 発電所の放 水路隧道の出口なんじゃないかと思ったりした。 だが、やっぱりどう考えてもこれが進路
千頭森林鉄道の機関車・客車
http://c5557.kiteki.jp/html/senzu-sinrin.htm
この機関車は千頭森林鉄道で使用された千頭営林署所有の協三工業製4.8t機のDB12 です。 この車輌は林鉄廃止まで使用され、廃止後に岩崎レール製鋼鉄製客車と貨車 とともに保存されました。 資料を見ると保存直後は現在、廃線跡である尾崎坂近くに 移転
廃線レポート 千頭森林鉄道 沢間駅~大間駅
http://yamaiga.com/rail/senzu/main1.html
2010年4月19日 本稿が取り上げるのは、千頭森林鉄道本線全長41kmのうち、その最も起点側の約 10kmだ。 林鉄起点「0kmポスト」が置かれていた沢間集落から、現状では沿線最奥 集落であり、南アルプス登山基地ともなっている大間集落(寸又峡温泉)
地方私鉄 1960年代の回想: 千頭森林鉄道
http://umemado.blogspot.com/2011/06/blog-post_17.html
2011年6月17日 千頭から出ている井川線の車両を撮っていると、そこに何やら森林鉄道の木材列車が ゾロゾロ出てきた。この森林鉄道についてそれまで私はその存在を全く知らず、運よく廃 線数年前の森林鉄道に出会うことができた。1067mmゲージの井川
千頭森林鉄道こゝにありき…(千頭ダム後編)|とりまダムッちゃう?
http://ameblo.jp/coextensive04/entry-10474760643.html
2010年4月8日 千頭ダムに至るまでのルートは、森林鉄道の廃線区間をそのまま道にしたルートである ビックリマーク そぅ、 かつて同ルートを列車が走っていたといぅのだか、 その走ってい たといぅのがコチラの方↓ (SAKAI WORKS製) とりまタ゛ムッちゃう?
千頭森林鉄道を歩く: 林道・ダム・鉱山の勝手な記録
http://netishim.seesaa.net/article/150844021.html
千頭森林鉄道。 もともとは、千頭ダムの建設用に利用を計画され、そしてダム完成後は木材の筏流しが出来なくなることと引き換えにつくられた森林軌道です。 01.JPG とりあえずは、この森林軌道の最初期の一部昭和8年のルートを歩きます。
廃線レポート 千頭森林鉄道 千頭堰堤~大樽沢
http://yamaiga.com/rail/senzu/main19.html
千頭堰堤以来3本目の隧道。 これをくぐって、先へ進む。 3本中で最も短い隧道は、長さ20mほどしかなく、 さらに完全にコンクリートで巻き立てられているので、 内部については特にレポートすることが思いつかない。 ステージチェンジを告げる門。 そんな控えめ 
廃線レポート 千頭森林鉄道 逆河内支線 - 山さ行がねが
http://yamaiga.com/rail/senzu/mains5.html
2011年4月16日 廃線レポート 千頭森林鉄道 逆河内支線. 源平クズレ”と名付けられた、おそらくは逆河内だけでなく、千頭山全体で見ても有数の規模を誇る大規模な薙ぎ地形。 軌道はそこを、短い橋で乗り越えていた。 そして橋の先は、そのまま隧道になっ 
廃線レポート 千頭森林鉄道 [総扉ページ]
http://yamaiga.com/rail/senzu/main.html
2010年4月19日 それに、ちょうどこの昭和44年というのは、東京営林局管内最後の森林鉄道「千頭森林鉄道」が廃止された年であり、当時は代替となる林道が年10km以上という、現在としては考えられないくらいのハイペースで建設されていたのである。
廃線レポート 千頭森林鉄道 逆河内支線 - 山さ行がねが
http://yamaiga.com/rail/senzu/mains8.html
2011年11月21日 平成22年4月21日に行われた、千頭(せんず)森林鉄道逆河内(さかさこうち)支線の一回目の探索は、その終点で無想吊橋を踏破した後、折り返しとなった。 とはいえ、これから行うのはただの復路という消化試合ではない。 左の地図で色分け 
ちしろ/倒木や落石で急停車連続】大井川鐵道井川線全線復旧したが・
https://ameblo.jp/kh8000-blog/entry-12304822157.html
2017年3月11日に全線運転再開した井川線だが・・・ 大井川鐵道井川線は2017年3月11日に接岨昔「千頭森林鉄道」があったと言う。その廃線跡が健在だ。 写真の部分は大井川や寸又川等の複数の川が合流する地点である。結構山
千頭森林鉄道( ´ ▽ ` )ノ
https://ameblo.jp/unatetsuco/entry-12307538384.html
てつどう)とは、静岡県榛原郡川根本町の大井川水系寸又川一帯に路線を持っていたでは大井川鉄道(現 大井川鐵道)井川線沢間駅と接続していた。大井川鉄道アより引用 最近、山の方へ行くと廃線跡や廃線跡を利用したものを実際見か
奥大井探索(千頭森林鉄道跡、井川線)vol1
https://blogs.yahoo.co.jp/nohiyusy/11626014.html
今週末の天気は、良い予報ではありません。こう言う時は私は風景重視よりも記録重視の行動をします。今回は、昭和11年開業、43年に廃止になった、千頭森林鉄道の跡を辿

ピックアップ廃墟