新冠御料牧場事務所

新冠御料牧場事務所は北海道日高郡新ひだか町にある旧御料牧場施設。1920年(大正9年)築。皇族の宿泊施設「龍雲閣」に隣接している。

御料牧場とは、皇室や宮家の食材を飼育・栽培する宮内庁直轄の牧場。明治期の開拓使顧問エドウィン・ダンが設計した。戦後も家畜改良センター事務所として昭和44年まで活用されていた。

管理されており廃墟ではない

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

新冠御料牧場事務所 住所

北海道日高郡新ひだか町静内御園

新冠御料牧場事務所 種類

農場・農業施設・牧場

新冠御料牧場事務所 画像

新冠御料牧場事務所 写真・ブログ・リポート

旧新冠(にいかっぷ)御料牧場事務所 - 建築ノスタルジア
http://blog.goo.ne.jp/es_february/e/935bc7943c0ce36de780f9784311a840
桜並木で有名な二十間道路の突き当たりに、かつての御料(ごりょう)牧場の事務所があります(大正9年築・1920)。函館から室蘭、苫小牧や夕張などを廻って18時過ぎになんとか辿り着いたのですが、雨曇りの空の下、かなりの廃墟テイストを醸し出しており(最後の写真がその
新冠御料牧場 旧事務所 龍雲閣 新ひだか町 桜並木 歴史的建造物 北海道
http://www12.tok2.com/home2/airtax04/rekiken47.htm
新冠御料牧場旧事務所(家畜改良センター)建築年:大正9(1920)年住所:新ひだか町御園新冠牧場内にある、木造平屋。明治期の開拓使顧問:エドウィン・ダンが設計したもので、寄棟屋根に下見板張りの洋風建築となっている。背面の張り出しやデザインの異なる窓の縁が各所に