旧・帝蚕倉庫

旧・帝蚕倉庫神奈川県横浜市中区にあった倉庫。みなとみらい線馬車道駅近くに位置する。帝蚕倉庫自体は現役企業である。

1926年築、地上3階、地下1階建て。建築家・遠藤於菟の設計によるという。もともと4棟あったうちの1棟で、生糸などの保管に使用されていた。歴史的建造物に指定されている。

周辺地域は再開発が進められているが、一旦解体し、隣の棟があった位置に復元を予定している。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

旧・帝蚕倉庫 住所

神奈川県横浜市中区北仲通

旧・帝蚕倉庫 種類

倉庫

旧・帝蚕倉庫 画像

旧・帝蚕倉庫
©Google

旧・帝蚕倉庫 写真・ブログ・リポート

帝蚕倉庫|一応、カンパネルラ
http://ameblo.jp/campanerula/entry-10285674880.html
この倉庫、もっとあったんですよ。確か3つくらいあったように記憶してます。それが今は残っているのはこれだけです。これも壊しちゃうのかな~?回りが土塊になって、これだけ残っているとまさに廃墟って感じに見える。かっこいいんですけどね。そして、これがその事務所です。こ
お金にならないものは… 「旧帝蚕倉庫」 : 横浜歩行記録
http://blog.livedoor.jp/pencil_yokohama/archives/6134422.html
馬車道方面へ歩くと、まだあります。北仲通地区に「帝蚕倉庫」。建物の周りのコインパーキングは賑わっていますが、古びたレンガの建物に目を向ける人は少数派。一部、写真を撮っている方はいらっしゃいましたが、多くの人は目を背けているようにも思えます。再開発計画は未だ形に
座敷のブログ : 廃墟散歩(旧帝蚕倉庫と事務所)
http://blog.livedoor.jp/zasiki34/archives/1259509.html
横浜市中区北仲通にある。駐車場の中にある。小さな倉庫で旧帝蚕倉庫という。ここは、戦前から生糸専用倉庫として使用されていた旧帝蚕倉庫の建築群は生糸検査所(現横浜第二合同庁舎)に隣接して、横浜に集まる全ての蚕糸荷物を一括管理するための専用倉庫や倉庫運営事務所蚕糸関