石廊崎ジャングルパーク(いろうざきジャングルパーク)は、かつて静岡県南伊豆町の石廊崎にあった植物...

石廊崎ジャングルパーク

石廊崎ジャングルパーク 概要・歴史

石廊崎ジャングルパーク(いろうざきジャングルパーク)は、かつて静岡県南伊豆町の石廊崎にあった植物...
この物件のオリジナル画像をご提供頂ける方は、ぜひこちらよりご連絡下さい

近くのスポット

石廊崎ジャングルパーク ストリートビュー・空中写真

石廊崎ジャングルパーク 関連ブログ・参考リンク

http://www.arakawas.sakura.ne.jp/backn011/irouzaki/irouzak1.html
伊豆半島先端の石廊崎。10年くらい前にジャングルパーク(2003年9月に閉園)に行き、 石廊崎灯台まで歩いたことはあるが、港の方にはまだ行ったことがない。そこで、今回は 石廊崎港にバイクを停めて観光してみることにした。
http://www.arakawas.sakura.ne.jp/backn011/irouzaki/irouzak2.html
石廊崎観光とジャングルパークの廃墟 (2). 遊歩道とジャングルパーク敷地が接して いるので
http://www.hakoneizu.com/irozakij.html
石廊崎ジャングルパーク. 石廊崎ジャングルパークは、2008年時点では休園中・・・ というより、廃墟になっているテーマパークです。石廊崎灯台・石室神社の行き道にある のですが、観光客が多かったせいか、不気味な感じはしませんでした。石廊崎灯台・ 石室
http://underzero.net/html/tz/tz_249_1.htm
しばらくいくと「石廊崎ジャングルパーク」へ。地図でその存在は確認していたが、入場 するつもりは全くなかった。 したがって自分を狂喜させるプチ廃墟となっているとは知り もしなかった。写真は売店・軽食コーナー跡。ジャングルパーク本体も潜入してみたがっ た
http://somewhere.yu-nagi.com/touring/2011/20110925/20110925.html
2011年9月25日 遊歩道入口には土産店がありましたが、いずれも閑古鳥が鳴いてます。 観光客自体が あまりいないようで、だいぶ寂れてます。 この先、廃墟の脇を通り過ぎ灯台へ。 廃墟は 閉園した石廊崎ジャングルパークだそうです。 石廊崎灯台 (12:54)
http://homepage2.nifty.com/fisheater/jiiso/irouzaki.html
上の道順で、旧ジャングルパーク(閉鎖中)脇を通り、案内に従い石廊崎灯台方面を 目指します。 右手に石廊崎測候所があり、その先の売店手前を右に曲がります。 旧 パーク内を通り、左手に細く、下っている小道を行きます。 この細い道を道なりに進むと 目的の
http://www.hakoneizu.com/irozaki.html
というわけで、頑張って、少し坂を登ると、きれいな風景が! テンションが一気に上がり ました! そして、石廊崎ジャングルパークの廃墟を発見。 ※)石廊崎ジャングルパーク のレポートは、以下にて。 >石廊崎ジャングルパークの詳細 そこを抜けると、ありました !
http://homepage3.nifty.com/88yokohama/irouzaki.htm
坂を登ると廃業した石廊崎ジャングルパークが見えます。全国各地でテーマパークの 閉鎖が相次いでいますが、ここ石廊崎も例外ではないようです。取り残された熱帯の 植物が今でも残されています。石室神社の鳥居の先に菜の花が咲いていました。鳥居を くぐる
http://roadkawasaki.web.fc2.com/pr/pv/pv016.htm
石廊崎はここを左折した方向ですが、県道16号はここを直進して突っ切ります。 [ 石廊崎ジャングルパーク跡], 走っていくと、突然視界の開けた所に出ます。実は、ここは 「石廊崎ジャングルパーク」の跡地。熱帯植物園だったのですが、入場者減に伴い2003 年に
http://green.ap.teacup.com/enpiro/752.html
石廊崎ジャングルパークは休園となっている。建物が廃墟になっていた。 「味わいの宿 ときわや」は客を大太鼓で出迎える。 ロビーの中にあった生簀(いけす)にはタカアシガニとイセエビが飼われていた。
http://blogs.yahoo.co.jp/fxyxb315/48768125.html
エノポックルの廃墟探訪。 伊豆の先端にあるジャングルパーク! その昔、トロッコ引いたバスも園内を走っていたようで、バス亭も残ってました。 石廊崎ジャングルパークで検索すると、開園してた当時の誰かのレポが出てきます。
http://tsurukawajunin.blog90.fc2.com/blog-entry-714.html
単純に石廊崎へ行こうとすると、なぜか廃墟の中を歩いてしまう。 何じゃ、この遺物は!? と、調べてみると「 で、その廃墟がこんな感じ。(~ペ)ウーン。 解体も去れずに、朽ちていくばかりの入場ゲート。こちらは正門ではなく
http://ameblo.jp/fury99/entry-10977043799.html
2011年8月7日 ジャングルパークが閉園したばかりのころ石廊崎の駐車場として横を通ったことが あります。 「中はどんな風になってるんだろ~?」ってかなり興味があったので… ありがとうございました(*^▽^*) 廃墟には栄枯盛衰…ロマンを感じます。
http://www.izu-travel.net/contents/natureIrouzaki/natureIrouzaki.html
石廊崎遊歩道からの絶景です。 石廊崎遊歩道 急な坂道が終わるまでもう少し。 石廊崎 遊歩道 石廊崎ジャングルパーク廃墟1 急な坂道を登り終えると、石廊崎ジャングル パークというテーマパークの廃墟があります。 石廊崎ジャングルパーク廃墟2 石廊崎
http://ameblo.jp/izusketch/entry-11210082656.html
昔はジャングルパークのところから下って行くルートが一般的だったんですが 石廊崎ジャングルパークが閉鎖してしまったため、 遊覧船乗り場から上がっていくルートを余儀なくさ 今は廃墟・・・ 今でも世話をしている人がいるのでしょうか
http://www6.atwiki.jp/piro/pages/3837.html
再び海沿いへ。 田牛サンドスキー場! これ、天然の砂の斜面。すごい! そりを借りて滑れるけど、ここでついに雨。残念。 混雑する国道136号を走る。 伊豆急下田駅に到着。 あまり雨に降られなくてよかった。そして屋根の下で輪行準備。 置かせてもらって お土産を買った。 ホテルの廃墟。 時間帯が悪くて、外来入浴を何件かに断られたが、下田シーサイドホテルのお風呂に入れた。 下田とうきゅうで半額になったお寿司などを買い込んで、電車で夕ご飯。 小田急で帰るので、小田原でみんなとお別れ。
http://blogs.yahoo.co.jp/yamasan1206/39498166.html
2013年11月16日 イメージ 10. ここからは徒歩で石廊崎先端へ向かいます。 このような遊歩道が整備されていますが. けっこう上り坂がきついです。 イメージ 11. 坂を登りきったところには廃墟が・・・. ここは昔、石廊崎ジャングルパークなる施設があったそうです。
http://chema2sa.blog.fc2.com/blog-entry-595.html
石廊崎、伊豆半島の南端の荒々しい岬とジャングルパークの廃墟. なんのことなく伊豆半島の地図見てて、今年もどっかの温泉入りに行く あの時代のテーマパークとか博物館とか公園とかホテルとか・・・そのまんま残ってるところがまだまだ多いですし、リニューアルを重ねて頑張って経営されているところも。でもそういった昭和の産物はあといつまで見られるか・・・そう思うと . 醒井宿―中山道61番宿場町で途中下車(滋賀県米原市) ┣03/26 むらまささん@管理人 ┗03/26 アマガエル♪さん@管理人.
http://torahiro3.exblog.jp/19524033/
去年の暮れの話で恐縮ですが、テーマパークの廃墟に行ってきました。4時起床で向うはジャングルパーク、その名の通り熱帯雨林の植物園の廃墟です。若干の藪漕ぎを経て、内部へ。なるほど・・・・。これはジャングル・・・・。結構大きな施設なんですね。トコトコと奥へ進んで行く
http://kaede472.web.fc2.com/ruins02_163.htm
ジャングルパーク正面入り口。うっすらと文字が残っている。駐車場入り口。駐車場代は500円。でもこのジャングルパークを利用する場合は無料になった様です。お土産屋だったのでしょうか?人が利用しないと廃れも早いものです。それでも植物は元気に育っていきます。錆び。これ
石廊崎ジャングルパーク 関連ワード
  • その先
  • イノシシ
  • ジャングルパーク
  • バイク
  • ルート
  • 無料駐車場
  • 石廊崎
  • 石廊崎漁港
  • 行く
  • 行った
  • 西伊豆