加太砲台、田倉崎砲台、深山砲台 概要・歴史

加太砲台は和歌山県和歌山市にある砲台跡。由良要塞(ゆらようさい)の一部を為すもので、加太・深山地区には北部の深山第一、第二砲台、男良谷(深山第三)砲台、城ヶ崎探照灯台、大川山堡塁、高森山保塁、南部の鉢巻山に配置された加太砲台、田倉崎砲台、東部の佐瀬川保塁、西ノ庄保塁があった。

由良地区を運用する由良要塞重砲兵連隊とは別に、深山村(現和歌山市深山)に第4師団隷下の深山重砲兵連隊(後、重砲兵第5連隊(2代目)に改称、重砲兵第5連隊(初代)は野戦重砲兵第5連隊に改称)が置かれ、和歌山側の各砲台を運用した。同連隊は第4師団が出征後は中央直轄とされ、終戦時には大本営中部軍管区(中部軍管区司令部は第15方面軍司令部と兼務)直轄部隊であった。

この地区の保塁は沿岸砲台群を内陸側からの陸上攻撃から防護する目的で設置された。

加太少年自然の家公園内に遺構が残っている他、深山地区には、山頂部に深山第一砲台深山第二砲台が、海浜部の男良谷には深山第三砲台が配備されていた。

現在は瀬戸内海国立公園に編入されハイキングコースが整備されている。

状態
2011年09月15日作成  2019年01月29日更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

加太砲台、田倉崎砲台、深山砲台 住所

和歌山県和歌山市加太

加太砲台、田倉崎砲台、深山砲台 種類

軍事施設・戦争遺構

加太砲台、田倉崎砲台、深山砲台 画像・写真

加太砲台、田倉崎砲台、深山砲台
加太砲台、田倉崎砲台、深山砲台
加太砲台、田倉崎砲台、深山砲台
加太砲台、田倉崎砲台、深山砲台
加太砲台、田倉崎砲台、深山砲台
加太砲台、田倉崎砲台、深山砲台
加太砲台、田倉崎砲台、深山砲台
加太砲台、田倉崎砲台、深山砲台
加太砲台、田倉崎砲台、深山砲台
加太砲台、田倉崎砲台、深山砲台

加太砲台、田倉崎砲台、深山砲台 ストリートビュー・空中写真

加太砲台、田倉崎砲台、深山砲台 スポット

加太砲台、田倉崎砲台、深山砲台 関連ブログ・参考リンク

加太砲台跡(深山第一砲台・男良谷砲台・由良水雷隊兵舎) - 十三のいま
http://atamatote.blog119.fc2.com/blog-entry-820.html
2014年5月5日 砲台跡(ほうだいあと) この場所はかつての由良要塞(ゆらようさい)の一つ深山(みやま)第一砲台の跡です。ここには28cm榴弾砲(りゅうだんほう)の砲台が6門編成で置かれていました。砲台は2門ごとに仕切られ、トンネルの通路でつながっ 
加太砲台跡
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/500700/kinokawa/course/course01/course1.html
四方を海に囲まれた日本が、江戸時代の長い鎖国を解き、富国強兵を目指して世界へ門を開けた明治時代の海防施設の名残りです。今は観光客や釣り人で賑わう加太や友ヶ島にも、そんな時代があったことが洋式の古い砲台群や灯台にしのばれます。
加太・深山要塞 - 日本珍スポット100景 - Seesaa ブログ
http://b-spot.seesaa.net/article/298965284.html
2012年10月25日 加太の要塞の見取り図です。野外の説明書きで汚れていて見にくかったので、私が文字を書き足しています。ここには28センチの榴弾砲(りゅうだんほう)の砲台が6門編成で置かれていました。砲台は2門ごとに仕切られ、トンネルの通路で 
和歌山県和歌山市「加太砲台跡」 - 和歌山のグルメ・美容室・イベント
http://www.wakayama.tv/detail/index_89.html
今回第一回目のレポートと言うわけで、「加太砲台跡」に行きました。 今回の特集で皆様に何を訴えたいというわけでは無いですが、皆さんが日ごろ聞いたりした事のある、 「オカルトスポット」を紹介していきたいと思います。 実際に怖いところに行ったことのある方 
加太砲台跡~四国山 地図【188】 - オモイツクママ - FC2
http://ja3bcy.web.fc2.com/hike/188-kada.html
2014年9月30日 加太からは海を隔てて紀淡海峡に浮かぶ友ケ島(瀬戸内海国立公園)があります。休暇村は少し小高い山の上に有り第二次世界大戦の頃の陸軍要塞があったところで、その近くの砲台跡を散策、展望台からは紀淡海峡を行き来する船、そして 
加太砲台跡遊歩道 - ZAQ
http://www.rinku.zaq.ne.jp/bkaky707/no11.htm
NO.11加太砲台跡遊歩道 テロリストを追え! テロリストを逮捕せよ!これが今回の任務だ。 詳細は『和歌山の軍事要塞にテロリストがアジトを構えているのでせん滅逮捕せよ!』との事だ。 ロック「軍事要塞?今時、そんなもんあるんかね?」 タンロン「うん。
四国山 - フレーム付き目次
http://amgm.web2.jp/2012/120303WakayamaShikokuyama.htm
歴史を感じさせるレンガ造りの砲台を巡ってから暖地性の照葉樹の茂る遊歩道を時折姿を見せる紀淡海峡を眺めながら気分よく進む。再び、元の遊歩道入口へ戻ってから加太まで

加太砲台、田倉崎砲台、深山砲台 キーワード

ホラー ホラー冬 夏 心霊スポット 怖い 恐怖体験 話

ピックアップ廃墟