奥利根館 概要・歴史

奥利根館(おくとねかん)は群馬県利根郡みなかみ町の旅館。国道291号線沿いに位置する。

1925年創業の老舗で、客室数84室、収容人数494人の大型施設だった。9階建ての建物には300畳と160畳の大宴会場を備え、団体客を中心に人気を集めていたという。

施設の老朽化などにより2010年1月に民事再生法の適用を申請、2011年3月閉業。負債総額は約26億円。

2018年現在、軍艦のような重厚な建物が残る。

建物壁面には経年劣化による汚れが見られるが、大規模な損壊などは確認できない。

状態
2019年04月01日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

奥利根館 住所

群馬県利根郡みなかみ町大穴

奥利根館 種類

廃ホテル・宿泊保養施設・温泉

奥利根館 画像・写真

奥利根館
奥利根館
奥利根館
奥利根館
奥利根館
奥利根館

奥利根館 ストリートビュー・空中写真

奥利根館 ブログ・リポート

土合駅訪問と水上あたりを散策。 : 後藤健太郎のブログ - ライブドアブログ
http://blog.livedoor.jp/gotokentarou/archives/68059673.html
この湯檜曽温泉街は、昼飯食べるところも土産屋も一切ありません。水上駅行きのバスに乗ろうと温泉街にあった時刻表を見ると、何故か水上行きは午後に長い空白の時間帯がありました。列車がない時間帯を狙うようにバス便もないという 

奥利根館 キーワード

谷川

ピックアップ廃墟