二居変電所(ふたいへんでんしょ)は、新潟県南魚沼郡湯沢町の国道17号線近くにある変電所跡。 施設に....

二居変電所

二居変電所 概要・歴史

二居変電所(ふたいへんでんしょ)は、新潟県南魚沼郡湯沢町の国道17号線近くにある変電所跡。 施設に....

二居変電所 画像

二居変電所
©Departure
©Departure
©Departure

近くのスポット

二居変電所 ストリートビュー・空中写真

二居変電所 関連ブログ・参考リンク

http://yamaiga.com/road/r17_futai/main3.html
2007年10月15日 しかし、昭和40年当時の地形図には、この辺りに「変電所」の記号が描かれているので、 おそらくこれがその残骸だろう。 14:06 萱付トンネル. 廃墟の前を過ぎると直ぐにトンネル が現れる。 この先はもう二居まで殆ど地上区間はなく、3本の
http://haikyotabi.blog33.fc2.com/blog-entry-20.html
2010年11月20日 場所は新潟県と群馬県をつなぐ三国街道、ここに謎の変電所が存在する。 二居変電所. 中村_6646_R 三国街道を走っていたらいきなり廃墟が現れた。調べてみるとここは 変電所の跡のようだ。 中村_6661_R さっそく入ってみることにする。
http://blogs.yahoo.co.jp/shsyc511/12149489.html
関越道 ・ 越後湯沢インターより国道17号線に出て 三国峠へ向かうように 車を南下し 貝掛温泉を過ぎて 急こう配 ・急カーブの続く坂を登り 暗くて長い二居トンネル手前の 最終コーナーの左側に この建物が 目に入ります。 去年の夏に 越 おっと 若女将さん こっち系も? 僕も好きなんすよ! 廃墟系? ノスタルジック系? 天狗ランドや鉱山跡地 etc 昔、その場所が輝いていた、生活が有った、稼働していた・・・ 切ない様な、懐かしい様な。 昭和ワールド大好きです(^^♪. タカピー. 2013/10/12(土) 午後 10: 
http://ameblo.jp/shiromaru8/entry-11866372367.html
二居発電所さまでございます~~!!ここはもう何年も前から存在は知っていて、「なんだか気になる。・・でも、私には彼がいるし。・・・だめ!どうして気づくとあの人を目で追ってしまっているの!?・・・・・これ。これってまさか・・・・・・・」的な存在だった二居さんに、よ
http://blog.livedoor.jp/kurobee_ruins/archives/4103540.html
2008年11月5日、2010年11月6日探訪。詳しい資料がないので、この建物の名前、経緯は一切判らない。二居変電所としたのは、壁に二居と彫ってあるからである。建物は構造から見て、建てられたのは昭和初期、内部に残されている落書きから、廃墟になったのは昭和40年
http://yamaro.asablo.jp/blog/2011/05/06/5849753
さて今回は新潟は越後湯沢から少し南下したところにある「二居変電所」へ行ってみました。他のWebサイトやブログにもありますが、この変電所の経緯は一切不明。古い地図に変電所と書いてあったことから、変電所であることは確かなようですが、「二居変電所」が果たして正式名称
http://zunda225.blog.fc2.com/blog-entry-17.html
日常の影に潜む非日常を求め「廃墟、廃鉱、廃道、廃隧道、産業遺産、戦争遺跡、洞窟など」の探索記。【穴があったら入りたい】 15:14:39|; 二居変電所; | トラックバック:0; | コメント:1.  
http://blog.livedoor.jp/summertime_blues-happyjack/archives/48768605.html
去年の秋に行こうと思ったけど、高速でのパンクであきらめた、二居変電所です。ここも行きたかったとこ。新潟のはしだからやはり遠かった。
https://departure.amebaownd.com/posts/6058084
大正時代に建築された変電所。詳細は不明だが、正式名称は萱付(かやつけ)変電所ではないかと推測される。廃墟界では知る人ぞ知る有名物件である。筮∫mらなかった。筮≒痰ニ廃墟。こんなに相性いいなんて。発電所特有の寒色に、澄んだ空気。ここには静謐な緊張感も漂う。なぜなら直
https://minkara.carview.co.jp/userid/1644328/blog/41487538/
群馬県で、スカイラインR34GTRとの貴重な出会いをしり目に湯沢町を目指します。このルートは草津が噴火の影響で通行止めだったので使えませんでした。その為、さらに南下し迂回して、湯沢町の二居(ふたい)渓谷を目指します。ここには、変電所跡と貴重な橋があります。三国
http://kotori4126.jugem.jp/?eid=223
三国峠の新潟川坑口すぐのところに、この廃墟がある。写真は2007年夏のものだが、初めてこの廃墟に入ったのはその何年か前、おそらく2001年くらいだと思う。その時は写真と違って雨上がりの快晴だった。ヨタヨタとリトルカブにまたがって、新潟側から三国峠を登っていくと