塩狩温泉は北海道上川郡和寒町にあった温泉施設。 塩狩温泉は三浦綾子が宿泊し小説「塩狩峠」を執筆し...

塩狩温泉

塩狩温泉 概要・歴史

塩狩温泉は北海道上川郡和寒町にあった温泉施設。 塩狩温泉は三浦綾子が宿泊し小説「塩狩峠」を執筆し...

塩狩温泉 画像

塩狩温泉ユースホステル
tail_furry [CC BY-SA 3.0 (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0)]
塩狩温泉娯楽センター(左)と塩狩温泉ユースホステル(右)
Soica2001 [Public domain]

近くのスポット

塩狩温泉 ストリートビュー・空中写真

塩狩温泉 関連ブログ・参考リンク

http://blog.goo.ne.jp/ikeboo2011goo/e/d1198f045506bc5cd3f91167acfe8b84
三浦綾子さんの著書、「塩狩峠」で有名な塩狩峠。そこにかつて「塩狩温泉」という雰囲気の良い温泉がありました。国道からすぐに目に付くのは「塩狩温泉ユースホステル」です。そのすぐ隣には「塩狩温泉娯楽センター」なる建物が。少し裏へ回ってみると・・・ありました。「塩狩温
http://blog.livedoor.jp/gaku8410085/archives/27812989.html
オジサンが高校生の頃、よく泊まった塩狩温泉ユースホステル。廃墟になっていました…。ここのユースの晩ごはんはジンギスカン。連泊すると連泊者メニューがありました。併設されているホテルと同じ温泉に入れたのでお気に入りでした。
http://traveltanishi.blog.fc2.com/blog-entry-5.html
数年後国道40号を通った時、まだ建物が残っていて、しかも「日帰り入浴」の看板が出ていたので、あれ?もしかして?と期待を寄せて駐車場に入ったが切ないことに看板だけが当時のままで建物自体は廃墟と化していた。2015年5月、塩狩駅に寄ったついでに旅館・YH跡を見に来
http://blogs.yahoo.co.jp/senro129/64475442.html
若いころ、僕は、ユースホステルで全国旅行をした。半ば地元にあったユースにも、しばしば泊まった。・・しかし、塩狩のユースには泊まる機会を得ないまま・・。先日、塩狩温泉やその周辺歩いてみたら・・。
http://sunshinebreakthrough.com/120815.html
それから恒例の塩狩温泉ユースホステルの廃墟巡礼、まだまだ残ってるねえ。北海道って、そこらじゅうにこういう廃墟が残ってるんだよな。士別でもプリンスホテルが廃業して、そのまま廃墟状態。こうして、旭川で国道39号線に乗り換えて北見方面に走って行く。やがて、層雲峡が姿
http://boletopsis0099.blogspot.jp/2012/08/blog-post.html
塩狩温泉、「塩狩峠」執筆の宿。取りこわされることもなく、自然のいとなみに廃墟と化しつつあります。廃墟となった宿の庭にて
http://yonnan.sakura.ne.jp/cgi-bin/sb/log/eid1549.html
本当に今日はそんなに急がないので、塩狩温泉ユースホステル跡を見に行くことにしました。塩狩温泉に一軒の宿があり、そのオマケで営業していたようなユースホステルでしたが、・夕飯はジンギスカンおかわり自由(←食べ放題と違って肉が尽きると終了)・お風呂は24時間浸かり放
http://4and20.blog87.fc2.com/blog-entry-909.html
塩狩峠の頂上近く、宿の看板は残ってるが本館は残ってるものの玄関部は崩れてる。その昔、水鳥もいた池は濁りがひどいが自然に入れ替えが出来てるのか悪臭はしない。【在りし日の浴槽】透明な冷鉱泉が加温、年季の入った温泉成分表も興味深かった。自然湧出なので兆候ないかと付近
http://alpine-ski-slope.blogspot.jp/2015/12/blog-post_31.html
そんな境遇の独身時代に、塩狩温泉で大晦日を過ごした年が、ありました。おそらく三十代になっていたのではないかと思いますが、よくは思い出せない。ただ、塩狩温泉のパンフレットは持ち帰っているので、間違いないでしょう。この温泉旅館ですが、ユースホステルが併設されており
塩狩温泉 関連ワード
  • ナビ
  • 想い出
  • 温泉