赤平観光センター(プリンス平安) 概要・歴史

ストリートビューで廃墟看板が見える

赤平観光センタープリンス平安)は、北海道赤平市幌岡町にあったホテル、総合観光施設。「プリンス○安」「A観光センター」等として紹介されていることもある。

大きな式場を併設し、祝賀会や同窓会、冠婚葬祭の式典が執り行われていたという。

閉業時期不詳。

国道38号線沿いの大きな看板に始まり、鉄骨だけの櫓(白い三角ゲート)、複数の建物群がすべて廃墟になっている。近隣にも廃墟が見られるという。

「周辺で老婆が行方不明になった事件があったことから老婆の霊が見られる」との噂があるが根拠不明。

機械警備が導入され管理されている。

状態
2018年11月06日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

赤平観光センター(プリンス平安) 住所

北海道赤平市幌岡町170

赤平観光センター(プリンス平安) 種類

廃ホテル・宿泊保養施設・温泉

赤平観光センター(プリンス平安) 画像・写真

赤平観光センター(プリンス平安)
赤平観光センター(プリンス平安)

赤平観光センター(プリンス平安) ストリートビュー・空中写真

赤平観光センター(プリンス平安) スポット

赤平観光センター(プリンス平安) ブログ・リポート

プリンス平安01(北海道心霊スポット/赤平市/空知/赤平観光センター)
http://kirikomitai.com/kirikomi/pheian01.html
やがて平屋の家屋が見えてきましたが、これも廃墟の本館ではなさそう。従業員の居住 していた建物なのでしょうか? 建物は集合住宅のように何棟か連続して建っております 。 廃村みたいだ……。 ドライブイン丸豊のように、道に面して本館がデンとそびえ立って
写真で見るプリンス平安 - 北方旅団 - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/ydqhg168/12656960.html
2010年7月2日 写真で見るプリンス平安. 傑作(0). 2011/12/17(土) 午後 5:18 · 炭鉱以外の廃 · 北海道 · Yahoo!ブックマークに登録. イメージ 1. 廃墟にお決まり(?)の卑猥な落書き。 この 部屋だけすごく新しい造りでした。 従業員向けだったのかな?
廃墟、赤平観光センター8。 - やくにてるの冒険 - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/yakuniteru/8258415.html
2010年12月19日 [ リスト ]. < 廃墟、赤平観光センター7。 写真5、 2階の客室を通って、プリンス平安の 大ホールへ、先ずは見事なシャンデリアがお出迎え、結婚式場と思われるホールは、 サバイバルゲームが行われた形跡がもろに残っている。ホール内には
A観光センター 再訪2 - 扉、扉、扉、
http://tobirahorizon.blog109.fc2.com/blog-entry-679.html
2012年11月10日 廃墟 (29). ┣ M観光ホテル (9). ┣ A観光センター (6). ┣ バイオセンター (1). ┣ 沼東 小学校 (1). ┣ 札幌冬季オリンピック遺構 (4). ┣ 千尺スキー場跡 (3). ┣ 採石場跡 (1). ┣ 旧酒井別邸の蔵 (2). ┣ 円形校舎 (1). ┗ 山の中の廃墟 (1)
プリンス平安
http://hokkaidou.yukishigure.com//ruins1/page1054.html
プリンス平安
prince
http://rproducts.syanari.com/prince.htm
瓦礫の街・3丁目23番地・プリンス○安
扉、扉、扉、
http://tobirahorizon.blog109.fc2.com/blog-entry-322.html
忘れ去られたモノクロテレビ。誰も見てないその瞬間に、薄汚れた画面は、どんな映像を映し出しているのだろう…………国道から、細い横道へ入っていくと………目の前にこの櫓(?)が現れてきます。階段がついていて、上まで登れたようです。櫓の下を通って進んでいくと、すぐにこ
冠婚葬祭廃墟 : 廃墟を歩く。ときどき日常
http://blog.livedoor.jp/kingsnow/archives/1058530485.html
以前、一人で探索していた時、場所は見つけたんですが仲間では入れなくて帰った場所です。一番大切なのは安全なので、無理はせずがんばってます!今回は、一人じゃなかったのでゆっくり探索開始。こんなアーチがお出迎えしてくれます。これでどこだかわかっちゃいますね。外観。本
プリンス平安 | Departure
https://departure.amebaownd.com/posts/5042641
ホテルの廃墟。立派な大宴会場を併設し、地元企業の祝賀会や学校の同窓会、米寿、喜寿のお祝いなど、主に地元の人々の祝い事に使われていた。正式名称は「赤平観光センター」入り口からド派手に崩壊していた。翁もビックリしている。この先には厨房や、応接間などがあった。その奥

ピックアップ廃墟