芦山浄水場 概要・歴史

『カメラを止めるな!』のロケ地

芦山浄水場(あしやまじょうすいじょう)は茨城県水戸市の浄水場。

1930(昭和5)年11月起工、1932(昭和7)年完成。元々の名称は「水戸市浄水場」で、水戸市最初の浄水場であった。緩速濾過法を用い、高区配水塔と低区配水塔を備えた。当時の水戸市全域を給水区域とし、一日最大11,250㎥を給水していた。

1993(平成5)年廃止。

趣き深い近代建築が残り、厚生省による近代水道百選にも選定されている。

『金田一少年の事件簿』『MOZU』『劇場版 零』『一番電車が走った』『カメラを止めるな!』などのロケで使用された。『カメラを止めるな!』では8日間のロケのうち6日がこの芦山浄水場で行われたという。また欅坂46のPVでも使われている。

管理されており通常立入ることは出来ないが、那珂川の堤防遠景に望むことができる。

2019年2月24日には水戸市企画による内部見学ツアーが催された。』『カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督や主演の浜津隆之氏が同行し映画も上映される催し物だった。

状態
2019年04月01日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

芦山浄水場 住所

茨城県水戸市渡里町

芦山浄水場 種類

その他・廃墟一般

芦山浄水場 画像・写真

芦山浄水場

芦山浄水場 ストリートビュー・空中写真

芦山浄水場 ブログ・リポート

水戸市水道部 芦山浄水場
http://www2s.biglobe.ne.jp/~stakers/arch/fibmitoa.html
芦山浄水場所在地:茨城県水戸市渡里町竣工:昭和7年7月設計:寛文2(1662)年、水戸藩主・徳川光圀が笠原水道を布設しました。以後、明治・大正と水戸市民の水道として機能してきましたが、人工増加に対応するために近代水道の布設が大正14年に議決されました。昭和7年
芦山浄水場 : 並行世界の向こう側
http://blog.livedoor.jp/heikousekainomukou/archives/8036034.html
水戸市主催初、特撮・映画ロケ地ツアーにお邪魔しました。といいつつ正門の写真は昨年雨の日に外観だけ撮りに行った時のもの。鎧武外伝・仮面ライダー斬月の中では『沢芽児童保育院』として登場したのですが、映像をよく見ると小雨がパラついていて、鬱蒼とした雰囲気に一役かって
【廃墟】芦山浄水場 - 妄想日記
http://photoblog01takatsugu.blog.fc2.com/blog-entry-9.html
今回ご紹介する廃墟は茨城県水戸市渡里町にある、芦山浄水場です。『金田一少年の事件簿獄門塾殺人事件』のロケ地にも使用されたことがあるらしいです。1932年に設立された施設で、厚生省が選定した近代水道百選にもある浄水場です。しかし、人口増加に対応するため1993年
とあるブロガーの備忘録(仮): フォトジェニックな廃墟・芦山浄水場
http://akabaneouji.blogspot.com/2018/03/blog-post_24.html
水戸市芦山浄水場跡地は様々な映画やドラマのロケ地に使用されている。今回、水戸市フィルムコミッション&水戸市魅力発信課主催の見学ツアーによって内部を見ることができた。美少女ホラー映画「劇場版零」(2014)では、少女たちを誘い込む呪いの貯水槽のある場所になってい
芦山浄水場 その2 ポンプ場、ろ過池など : みとぶら
https://mitobura.exblog.jp/28367736/
芦山浄水場は、昭和7年に竣工し、平成5年に廃止になるまでは使われていました。最近はロケにも使われている施設でもあります。中に入ることはできませんが、那珂川の堤防から、特徴的な建物を見ることができます。那珂川からの水を引くためのポンプ場です。那珂川の堤防側にも門
『カメラを止めるな!』聖地巡礼~水戸・芦山浄水場に行ってみました~: 私立歯車高校
http://haguruma.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/post-9111.html
ロケ地となったのは水戸市の外れにある今は使われていない芦山浄水場。市のフィルムコミッションが管理しているので中に入ることは出来ませんが、外観だけでも眺められればということで現地へと。時折雨も落ちてくる曇天ですが、かえって『カメラを止めるな!』っぽい雰囲気でいい

ピックアップ廃墟