近藤産婦人科

近藤産婦人科(料亭旭楼)は大分県杵築市の病院跡。

かつては九州でも有数の木造三階建ての料亭で、明治30年築。その後、近藤産婦人科として利用され、鉄筋コンクリートの病室棟も増築され、昭和63年まで現役だった。擬洋風的なファサードを備えるユニークな建築である。

戦前戦後期に活躍したオペラ歌手・藤原義江が幼少に芸者の母親と九州各地を点々としていた時に住んでいたことでも知られる。

歴史的建築として管理されている。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

近藤産婦人科 住所

大分県杵築市杵築

近藤産婦人科 種類

廃病院

近藤産婦人科 画像

近藤産婦人科
©Google

近藤産婦人科
©Google

近藤産婦人科
©Google

近藤産婦人科 写真・ブログ・リポート

西洋館散策ぶらり旅 旧近藤産婦人科医院(旧料亭旭楼)
http://yokanwatcher.dtiblog.com/blog-entry-171.html
◇旧近藤産婦人科医院(旧料亭旭楼)◇◇大分県杵築市◇◇2008年8月18日◇1930年代竣工木造2階建杵築市北台の武家屋敷群から少し離れた昔の花街の一角にある旧医院。元々は料亭として建てられた建物を戦後産婦人科医院に転用したものだ。現在は空家のようだ。隣接して
杵築市 - 西日本 近代建築万華鏡
http://blog.goo.ne.jp/es_2011/e/ec345b4a472dc3e56ce9d7a4d457807b
旧近藤産婦人科医院(旧旭楼)明治30年同上
サンドイッチ型城下町「杵築」の遊郭跡を訪ねる - 新日本DEEP案内
http://deepannai.info/kitsuki-yuukaku/
そこから先に行くと眼前に異様な風貌の三階建ての妓楼が現れる。手前の土地が空き地になっているので遠くからもよく見えるのだ。武家屋敷ゾーンにある中で負けじと豪勢に建てたのだろうが明らかにジャンルが違っている。さらに建物をアップで見てみると建物は和風ベースで丸い飾り
城下町・杵築(冬の旅、前半) | 埼玉県さいたま市浦和区のアトリエ・リング 一級建築士事務所
http://atelier-ring-arch.jp/column/5846/
さて、今回の杵築での目玉が、旧近藤産婦人科(旧料亭旭屋)の建築を見ることでした。写真は、西面の、擬洋風的なファサードです。実は、Iさんは、ここの住人だった時期があり、インターネット上に手記を掲載されています。こちら。かつては九州でも有数の木造三階建ての料亭で、