寺領水力発電所は広島県山県郡安芸太田町にあった小規模水力発電所。 1927(昭和2)年に自家用水力発電...

寺領水力発電所

寺領水力発電所 概要・歴史

寺領水力発電所は広島県山県郡安芸太田町にあった小規模水力発電所。 1927(昭和2)年に自家用水力発電...
この物件のオリジナル画像をご提供頂ける方は、ぜひこちらよりご連絡下さい

近くのスポット

寺領水力発電所 関連ブログ・参考リンク

http://yuquihiro.blog118.fc2.com/blog-entry-470.html
寺領発電所 山県郡安芸太田町. 寺領水力発電所1 山県郡旧戸河内町(現在の安芸太田町)の寺領地区は 太田川支流・寺領川沿いのなだらかな斜面に展開する 山間集落で、 棚田が連なり、かつては稲作や養蚕など が経済的基盤であった。 (なお、この 丁巳(テイミ)信用販売利用購買組合 本郷、土居、遊谷、田吹、吉和郷、打梨、那須、横川 戸河内(トゴウチ)信用販売利用購買組合 川手、柴木、梶ノ木、板ヶ谷、槇ヶ原 寺領水力発電所0 1919(大正8)年8月 山県郡旧戸河内村において 与一野、才中