寺領水力発電所 概要・歴史

寺領水力発電所は広島県山県郡安芸太田町にあった小規模水力発電所。

1927(昭和2)年に自家用水力発電事業を開始。平均発電力はわずか5.8kwだった。

1944(昭和19)年12月、国家総動員法による電力統制により中国配電に売却され閉鎖。

遺構はほとんど見られないが、わずかに水槽(除塵池)跡が残る。

2011年09月15日作成

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

寺領水力発電所 住所

広島県山県郡安芸太田町大字寺領

寺領水力発電所 種類

廃工場・発電所

寺領水力発電所 関連ブログ・参考リンク

広島 -陽のあたらない所- 寺領発電所 山県郡安芸太田町
http://yuquihiro.blog118.fc2.com/blog-entry-470.html
寺領発電所 山県郡安芸太田町. 寺領水力発電所1 山県郡旧戸河内町(現在の安芸太田町)の寺領地区は 太田川支流・寺領川沿いのなだらかな斜面に展開する 山間集落で、 棚田が連なり、かつては稲作や養蚕など が経済的基盤であった。 (なお、この 丁巳(テイミ)信用販売利用購買組合 本郷、土居、遊...

ピックアップ廃墟