新山本造船所 概要・歴史

新山本造船所は高知県高知市の造船所。

1978(昭和53)年頃閉鎖。

巨大な造船所と隣接する鉄筋三階建ての宿舎跡、工場跡が残っていたが、宿舎跡は2013(平成25)年頃に解体、工場跡は2018(平成30)年に解体・撤去されている。

跡地に帆船模型博物館を建設する計画もある。

状態
2011年09月15日作成  2019年05月20日更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

新山本造船所 住所

高知県高知市種崎

新山本造船所 種類

廃工場・発電所

新山本造船所 画像・写真

新山本造船所
新山本造船所
新山本造船所
新山本造船所

新山本造船所 ストリートビュー・空中写真

新山本造船所 関連ブログ・参考リンク

わちゃわちゃわせう : 種崎の造船所を対岸から - livedoor Blog(ブログ)
http://blog.livedoor.jp/washtheme/archives/42780404.html
そしてそのまま近くにある造船所跡へ。高知の廃墟としては有名な部類だと思います。立派な建物です。そして今回はこの造船所跡を対岸から見てみた次第です。2015年1月御畳瀬にある厳島神社にやってきました。長浜から御畳瀬へと続く一本道を最深部まで進むと行き止まりになっ
2012年06月09日の記事 | わたしのブログ by 長船建造 - 楽天ブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/kenosafune/diary/20120609/
この造船所、山本造船だったところ買い取って川西倉庫が始めた高知県一の造船所だった。今でも廃墟は残っている。かすかに新山本造船と読めるビルも残っているがクレーンが動かなくなって30年近くが立つ。2万トンぐらいの貨物船が建造できたから零細の企業ではなかった。有名船
アート短歌・気まぐれ文学館 消えてゆく新山本造船所の廃墟
http://mkbungei.blog8.fc2.com/blog-entry-6607.html
高知市種崎に長年あった、巨大廃墟の一角新山本造船所の旧工場跡が撤去されはじめました。倒産は昭和53年位だったと思いますので、もう動かなくなって、40年ほど。新山本造船の巨大廃墟は、5年位前に撤去された鉄筋3階建の宿舎跡と、今回撤去が始まった工場跡と、造船所の本
新山本造船所 | Departure
https://departure.amebaownd.com/posts/5835622
1978年頃に閉鎖。隣接する宿舎跡と工場跡は既に撤去済み。この造船所の本体もそろそろ解体されそうで、今回が最初で最後の訪問となりそうだ。白い猫に誘われるままに草むらを抜けてゆくとそこは新山本造船所。白猫がまだこちらを見ている。もう大丈夫だ、ありがとう。初めての
旧 新山本造船 - 高知に訪れる船舶 - Yahoo!ブログ
https://blogs.yahoo.co.jp/gebisan25/13254363.html
すっかり自然に帰ってます。私が子供の頃はまだ造ってたような気がするんですが、、、廃墟マニアにはたまらない感じですが、何処からも入れません笑

ピックアップ廃墟