フェラーリ美術館 概要・歴史

フェラーリ美術館は静岡県御殿場市の美術館。県道401号船箱根裏街道沿いに位置する。

1984年以降、1996年までに開業。スポーツカー博物館やポルシェ博物館だったが、その後フェラーリ美術館となったらしい。

いわゆる「松田コレクション」(自動車収集家・実業家の松田芳穂が運営するスポーツカー博物館の総称)の一つである

2008年3月24日閉館。赤と薄オレンジの暖色系塗装だったが、閉業後、2012年頃までに水色をベースとした色に塗り替えられた。

その後も建物は綺麗な状態で厳重に管理されていたが、2017年から2018年頃にアウトドアリゾート施設としてリニューアルオープンした。

改装・転用・リニューアルされています
2019年03月18日 更新

フェラーリ美術館 住所

静岡県御殿場市東田中

フェラーリ美術館 種類

博物館・美術館・秘宝館

フェラーリ美術館 画像・写真

フェラーリ美術館
この物件のオリジナル画像をご提供頂ける方は、ぜひこちらよりご連絡下さい

フェラーリ美術館 ストリートビュー・空中写真

フェラーリ美術館 ブログ・リポート

○ェ○ーリ美術館跡地、その1
○ェ○ーリ美術館跡地、その1
http://az-1.chicappa.jp/tokubetu/783/783_4.html
○ェ○ーリ美術館跡地、その1旧住所:現住所と同じ現住所:静岡県御殿場市東田中箱根道3373-1御殿場周辺にあるマツダコレクションの究極の姿が御殿場スポーツカーガーデンであり、○ェ○ーリ美術館である。ここは、前頁で紹介したスポーツカー博物館のすぐ近くに存在する。
○ェ○ーリ美術館
○ェ○ーリ美術館
http://sk-gtr.com/sk/ferrari/ferrari.htm
いわゆる「松田コレクション」として知られるスーパーカーコレクター松田芳穂氏の○ェ○ーリ&○ェ○ーリ関連グッズコレクションを展示しているのがここ○ェ○ーリ美術館です。スポーツカーにちなんだ時計ばかりを集めた建物、ミニカーを中心に揃えた「車のおもちゃミニカー博物館
マツダ新型ロードスターの話と見せかけて○ェ○ーリ美術館のおもひで - Noblesse Oblige 2nd by iGCN
マツダ新型ロードスターの話と見せかけて○ェ○ーリ美術館のおもひで - Noblesse Oblige 2nd by iGCN
http://igcn.hateblo.jp/entry/2015/03/22/004259
○ェ○ーリ美術館(通称マツダコレクション)は、かつて御殿場にあった、○ェ○ーリの様々な車を集めた美術館だ。2008年3月24日に惜しまれながら閉館となった。自分は二度ほど訪れたことがあるが、新旧問わず数えるのも疲れてしまうほどの○ェ○ーリが多数展示されていて、
『【静岡県】 出張ついでの…#1 (^^ゞ 閉館してしまった○ェ○ーリ美術館』 [御殿場]のブログ・旅行記 by jh2fxvさん
『【静岡県】 出張ついでの…#1 (^^ゞ 閉館してしまった○ェ○ーリ美術館』 [御殿場]のブログ・旅行記 by jh2fxvさん
http://4travel.jp/travelogue/10790622
松田コレクションとして知られるスーパーカーコレクター松田芳穂氏の各年代の希少な○ェ○ーリと○ェ○ーリ関連グッズを展示していたのが○ェ○ーリ美術館です。現在は閉鎖してしまっているのが残念です。
FP渡辺のちょっといいはなし : ○ェ○ーリ美術館
FP渡辺のちょっといいはなし : ○ェ○ーリ美術館
http://blog.livedoor.jp/rikiyasan3445/archives/5024392.html
いわゆる「松田コレクション」ですね。確か入館料が2000円くらいして「高かったなぁ~」ってのを覚えています。コレクションは全て売却されてしまったそうです。イベント時には○ェ○ーリがずらーっと並んでいた「庭園」も「原野」に戻りつつあります。

ピックアップ廃墟