下田城美術館 概要・歴史

隕石パワーの天守閣

下田城美術館は静岡県下田市の美術館。「S城美術館」等として紹介されていることもある。

新宿一丁目「宇宙村」の村長で「国際宇宙協会」会長の影山八郎氏が趣味で建設したという。

館内の地下3F~地上5Fまでにお吉観音像や様々な仏像、壷、隕石などが展示されていた。料金は大人980円、小中学500円であった。

影山氏が下田城城主となり美術館を設立したのは1993年と見られるが、建物自体は1970年代から存在が確認できる。

世界最大の隕石」と看板にあるが実在せず、隕石パワーでUFOを呼ぶ場所があり、隕石グッズが販売されていたという。「お吉」の蝋人形館、「運だめしの池」などの設備があった。

B級スポットとして愛されてきたが、建物の老朽化により2008年11月より休館。

2018年現在、建物屋根瓦が随所で崩落、塀も一部が倒壊している。

「世界最大の隕石」「隕石ってすごい!!パワーがすごい」「下田城美術館 驚異の宇宙パワー!」「ミラクルパワー館」「入城すればびっくり」「隕石のパワー発見 良い旅の想いでをあなたに」「縁結び 若がえり 金運」「願いごとの叶う大隕石」などの看板が残り、「下田城小劇場」も見られる。

園内に見られるピラミッドには「隕石の不思議パワー 隕石は地球に落ちてくる時、宇宙(高エネルギー)線を浴び最大のエネルギーを持つ物質になります。この力が数々の奇跡を起こします」の文字が確認できる。

現在も管理者がおり施設を手入れされている。

2017年5月時点で業者が立ち入っており、何らかの作業が行われる可能性がある。

状態■■
2019年03月20日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

下田城美術館 住所

静岡県下田市中

下田城美術館 種類

博物館・美術館・秘宝館

下田城美術館 画像・写真

下田城美術館
下田城美術館
下田城美術館
「下田城小劇場」
下田城美術館
「隕石の不思議なパワー」
下田城美術館
下田城美術館
下田城美術館
下田城美術館
「世界最大の隕石」
下田城美術館
「驚異の宇宙パワー!」
下田城美術館
「隕石のパワー発見」「良い旅の想いでをあなたに」
下田城美術館
下田城美術館
「願いごとの叶う大隕石」

下田城美術館 ストリートビュー・空中写真

下田城美術館 ブログ・リポート

【B級スポット】下田城美術館 - 追憶の彼方へ-ruins rider- - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/ruinsrider/40447600.html
今回ご紹介するのは、静岡県下田市にある下田城美術館。 残念ながら現在は休館?廃業?してしまっていますが、 管理人の方がいて今でもしっかりと管理されています。
FP渡辺のちょっといいはなし : 下田城美術館
http://blog.livedoor.jp/rikiyasan3445/archives/5210674.html
佐川急便さんがなにやら荷物を運び出してました、どうやら落城する日も近そうです。

ピックアップ廃墟