第三音更川橋梁 概要・歴史

第三音更川橋梁鉄筋(だいさんおとふけがわきょうりょう)は北海道河東郡上士幌町にある旧国鉄士幌線のアーチ橋。

1936(昭和11)年に竣工、長さ71m。

10mアーチ2連、32mアーチ1連、19mアーチ1連で構成される4連アーチ橋で、音更川をまたぐ32mアーチはRC造となっている。コンクリートアーチ橋としては北海道一の大きさである。

1987年3月23日に士幌線が全線廃止されて不使用となった。

国の登録有形文化財になっている。

泉翠橋の歩道上から見学することができる。

状態
2019年06月27日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

第三音更川橋梁 住所

北海道河東郡上士幌町黒石平

第三音更川橋梁 種類

廃線・鉄道駅

第三音更川橋梁 画像・写真

第三音更川橋梁
第三音更川橋梁

第三音更川橋梁 ストリートビュー・空中写真

第三音更川橋梁 関連ブログ・参考リンク

北海道河東郡上士幌町(2)、旧士幌線跡 : 散歩と旅ときどき温泉
http://sanpototabi.blog.jp/archives/1061223215.html
まず最初に訪れたのは糠平ダム下流に残る第三音更川橋梁。ここはダムに沈んだ旧線と移設した新線が分岐する直前に位置します。当時は工事関係や林業などの小さな集落が点在しており、駅から線路を歩いて帰宅した人も多かったそうです。そのためアーチ橋脇には必ず待避所が設置され
2-1.『タウシュベツ川橋梁』:約30年前に廃線になった旧国鉄
http://blogs.yahoo.co.jp/mt_matterhorn4478/42857734.html
お早うございます~ 旧国鉄『士幌線』の30余りのアーチ橋梁群、どの橋もアーチになっていて、 手間暇かけて造られていますね。勿体ないですね~~ ダム湖『糠平湖』の中に取り残された、史跡もまだ残っているんですね。
士幌線跡 アーチ橋梁群:Days:So-netブログ
http://kiyotime.blog.so-net.ne.jp/2010-04-27
帯広ドライブの続き、、 前回記事の広尾線同様に帯広駅を基点とし、大雪山系の麓である 十勝三股を結んでいた士幌線の廃線跡めぐり。 旧国鉄士幌線(1987年廃止)の廃線跡は、写真の様なアーチ橋が 山間部に多数残されているので
士幌線、廃線めぐり : ときどきの記 小樽の出版社
http://otarusanpo.exblog.jp/20820340/
かれこれひと月あまり前になりますが、十勝地方の廃線跡を巡る取材に行ってきました。旅行情報誌の特集記事のひとつです。 十勝の廃線に関して有名なものといえば、旧士幌線の橋梁群が挙げられます。
国鉄士幌線廃線跡6 黒石平-糠平間
http://haisentetsudouryou.travel.coocan.jp/017shihoro7.html
その後、国道の泉翠橋と並行して第3音更川橋梁を渡る。川を渡るアーチが多芯円形となっている。 国道から離れ林の中に入っていく。十四の沢川を第1黒石川橋梁、第2黒石川橋梁で渡る。どちらも橋台しか残っていない。
糠平 タウシュベツ橋梁の旅 (37)
https://ameblo.jp/stm1010/entry-12264451674.html
す。 やがて糠平湖まで来ましたがここには旧国鉄時代士幌線廃線跡のアーチ橋が多く残ります。一つずつ見学して。 旧国鉄士幌線第四音更川橋梁 旧国鉄士幌線第三音更川橋梁 さていよいよ糠平湖のタウシュベツ橋梁を目指しますがこ
上士幌町 ラテアート体験・バルーン搭乗体験
https://ameblo.jp/helloyumi1229/entry-12301455127.html
その後は、旧国鉄士幌線廃線跡地に残るコンクリートアーチ橋やタウシュベツきます。 「第三音更川橋梁」 三国峠もタウシュベツ川橋梁も派手な
北海道【道央~道東】海鮮と廃線跡地巡りの旅⑭
https://ameblo.jp/yutt7777/entry-12312213288.html
ベツ川橋梁 を含めた旧線は水没した、、、とある。 現在の廃線跡地である旧国鉄士幌線には、タウシュベツ川橋素晴らしいポイントが姿をあらわす。 その名は第三音更川橋梁、なんて素晴らしい鉄道遺産か、、、、。 1937年に完
2017初夏の北海道ドライブ(6日目-その1)
https://ameblo.jp/fadaipapa/entry-12293653983.html
があります。実はこの付近には、廃止になった旧国鉄士幌線の廃線跡が散在しており、音更川に架かる橋梁がいくつ線当時のまま残されています。 これは第三音更川橋梁。黒石平~電力所前(仮)間にあり、この沿線に多く見られ
鉄道のテーマパーク、北海道?『整備された廃線
https://blogs.yahoo.co.jp/collectors1989/35975020.html
幌内線、旧三笠駅に保存されているキハ80系です。編成中にはキロやキシも入っており、今にも動き出しそうな非常に綺麗な姿で残っています。「鉄道好きのバイク乗り」の僕
宮脇俊三を偲んで。北海道廃線跡の旅 その3 音更川アーチ橋梁群 | 終の棲家 a taste of life
http://fugaku2.blog74.fc2.com/blog-entry-536.html
ここはアーチ橋の宝庫だ。士幌線は、1955年に音更川を堰きとめて糠平湖を造った時に、路盤を対岸の高い場所に移動した。ダムに沈む鉄道、新線建設と街
廃橋探訪 | G3は今日も元気
http://gedano.blog92.fc2.com/blog-entry-2075.html
記念館を 見て また いっそう 士幌線を 探訪したくなったこの辺 昔の橋が たくさん 残ってる らしいまず 行ったのが 第三音更川橋梁(だいさんおと

ピックアップ廃墟