テイネオリンピア遊園地 概要・歴史

テイネオリンピア遊園地は北海道札幌市の遊園地。

総合レジャー施設「サッポロテイネ」の一施設として、1965(昭和40)年に開設。

観覧車や全長1.5kmのゴーカート、アスレチックなどの遊戯施設が備えられていた。営業時間は10:00から17:30、料金は大人2,800円、子供2300円であった。

また巨大迷路が設置されていたが、後に「わくわく動物ランド」となっている。

恐竜ランドにはカラフルな恐竜のオブジェがあったが、これは2004(平成16)年2月11日に閉園した恐竜パーク木更津から移設されたものだった。

2010(平成22)年に閉園。

多く遊具が撤去されたが、2018年現在、現役駐車場付近の立入可能エリアに数頭の恐竜像が見られる。一部は遊具に改装されている。また、この駐車場からは山上に遠く観覧車を望むこともできる。

手稲山ロープウェイも2008(平成20)年12月11日の営業をもって運行を休止しているが、サッポロテイネ自体は現役施設である。

スキー場は一部コースが廃止されているが稼働しており、ゴルフ場も営業している。

状態
2019年05月25日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

テイネオリンピア遊園地 住所

北海道札幌市手稲区手稲本町

テイネオリンピア遊園地 種類

遊園地・テーマパーク

テイネオリンピア遊園地 画像・写真

テイネオリンピア遊園地
テイネオリンピア遊園地
テイネオリンピア遊園地
テイネオリンピア遊園地の観覧車
テイネオリンピア遊園地
テイネオリンピア遊園地
テイネオリンピア遊園地の恐竜
テイネオリンピア遊園地
テイネオリンピア遊園地の恐竜
テイネオリンピア遊園地
テイネオリンピア遊園地の恐竜

テイネオリンピア遊園地 ストリートビュー・空中写真

テイネオリンピア遊園地 ブログ・リポート

廃墟化して|たんころりのブログ
http://ameblo.jp/isamusi0574/entry-11903694064.html
その手稲山もレジャーランドの休業(テイネオリンピア遊園地2010年より休業)でかつての活気は無く・・・アミューズメント施設はほとんど撤去されましたが観覧車だけが虚しく残ってますねただスキー場は営業継続中です(もちろん冬季のみ)さらに上に行くとロープウェイがこち
DATA.43 手稲オリンピア遊園地 その他 - ユリカゴ
http://om8em6.blog.fc2.com/blog-entry-43.html
手稲オリンピア遊園地名前の通り札幌市手稲区の山の中腹にある遊園地跡、2010年に閉鎖して今もなお休業中のままです。スキー場や観覧車など場所のわりに充実した内容であったに違いないと思います。その跡地には何故か恐竜の置物やゴリラなどが設置され、どこからか何十万かか
ちBポ 千葉の愛しきB級スポット達
http://www.chibpo.com/bangai999.html
テイネオリンピアで恐竜とくると・・・木更津の生き残りで間違いない。と、ここで。まず「恐竜パーク木更津」がどういったところだったかを、以下リンクから予習していただくと、以後の記事が楽しめるかもしれません。「LegendofRuins廃墟伝説」様の恐竜パーク木更津

ピックアップ廃墟