御坂峠は山梨県南都留郡富士河口湖町と同県笛吹市御坂町にまたがる峠。 御坂茶屋は御坂峠にある茶屋。...

御坂茶屋

御坂茶屋 概要・歴史

御坂峠は山梨県南都留郡富士河口湖町と同県笛吹市御坂町にまたがる峠。 御坂茶屋は御坂峠にある茶屋。...
この物件のオリジナル画像をご提供頂ける方は、ぜひこちらよりご連絡下さい

近くのスポット

御坂茶屋 ストリートビュー・空中写真

御坂茶屋 関連ブログ・参考リンク

http://ameblo.jp/ageha-sys/entry-12204226423.html
御坂峠には廃屋となった小屋があります。アゲたん、ここで道を間違え、三ツ峠入口バス停方面に下ってしまう痛恨のミス(´;ω;`)下りがずっと続くのでさすがにおかしいと思い、地図を見直して間違いに気づいたのですが、今まで下ってきた道を登りなおしたり、20分近くロスし
http://www.our-hiking.com/mt.kurodake-misaka1.html
〔10:20~10:35〕御坂峠:御坂峠は四方からの道の交差点で広場のようになっている。かつての鎌倉往還の賑わいが偲ばれる。御坂茶屋は9年前にも既に休業していて、今や崩壊しそうな荒れようだ。四叉路になっている御坂峠休業中の御坂茶屋晴れていれば富士山が見えるのに
http://ribble.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-7086.html
久しぶりに来た御坂峠。もう御坂茶屋は廃業ですね。扉も壊れていて、寂しい感じでした。山を始めた頃、三つ峠入口から御坂峠へ登ったことがありますが、レポも何も残っていなくて思い出だけの道。でも、そんな思い出のイメージとはかなり違う道でした。しばらくバスを待つとほぼ定
http://www.ne.jp/asahi/kazu/aobayama/mountaineering/2003/021kurodake/kurodake.htm
峠には御坂茶屋がありますが、閉められています。この茶屋の前に、休憩にもってこいの日当たりの良い広場があったので、ここで日向ぼっこがてら、しばらく休みました。
http://blogs.yahoo.co.jp/tsukushihead/39857240.html
御坂山を越えて昔泊めてもらったことがある、御坂茶屋に到着。いまは閉鎖され、中には入れなくはないですが荒れて気味悪くてもう使えません。もうシャクナゲが咲いてました。なんか随分と早い気がしましたが…。この日は湿気は低いものの、夏のような暑さと日差しでした。
http://blog.goo.ne.jp/accj1946/e/9641f83e4cbd244f4522cc5a35955dc1
御坂峠今は営業していない御坂茶屋天気がよいものの、朝のうちは微かに見えていた富士山も見えなくなった。黄砂だと思っていたが、あとでテレビを見たら、煙霧だったそうだ。
http://masamaeda.org/blog/2015/06/08/20150530-misakakurotake/
御坂茶屋跡
http://blogs.yahoo.co.jp/yo_tannaka/54617479.html
この峠は下に御坂トンネルが出来るまでは牛馬を引いた人達が河口湖と甲府方面との間を往来した道で、当事の名残の「御坂茶屋」が朽ちかけた状態で建っていた。又、茶屋の後ろには道祖神も小屋掛けされて鎮座していた。
http://alpine.sppd.ne.jp/tanzawa_fuji/misaka/index.html
御坂峠。御坂茶屋は閉められている
http://blog.livedoor.jp/danboard0119/archives/2016-11-03.html
御坂茶屋(廃業)隙間から中を覗くと、布団や食器などが散乱していて廃墟状態だったこれも前回同様
http://prospero.sakura.ne.jp/yama/2010-03-28/index.html
御坂峠。尾根道は御坂茶屋の右側を通り抜けます。
http://www.geocities.jp/pikagoro33/mountain/2004/kurodake_040429/kurodake_040429.html
天下茶屋から御坂山までは約50分程度で着く。山頂は木々が生い茂っており展望はないためそのまま素通りする。ここから旧御坂峠までは、岩混じりの明るい尾根を進んでゆく。途中、高電圧線鉄塔の立つ開けた地点を通り過ぎる。旧御坂峠には、今は休業し既に荒廃してしまっている御
http://ja1masa.blog88.fc2.com/blog-entry-41.html
御坂峠に御坂茶屋があります。営業していません。だいぶ昔に閉店した感じです。
http://www.yamatabi.eek.jp/other-mountain/kurodake2011/kurodake2011.html
1時間ほど下ると旧御坂峠に出る。使われなくなり朽ち果てている御坂茶屋が何とも痛々しい。ちなみにこのルートは結構人に会う。ほぼ全員が日帰り登山なのだが、昨日1日で4,5人しか会わなかったのに、既にもう数十人ほど出会っている。人気のルートなのだろうか。そしてほとん
http://blog.goo.ne.jp/aim1122/e/6c41e897d409de82e7078d1dce9b164b
左:御坂茶屋右:黒岳山頂。左の標柱は山梨百名山心無い人たちが投げ捨てていった、ウィスキーのボトルや一升瓶が散乱しているところを見て、なんでこんなことになるのだろうと、舌打ちをしながら登っていくと、9:07御坂峠にたどりついた。人っ子一人いないし、茶屋も閉まって
御坂茶屋 関連ワード
  • 分岐
  • 御坂山
  • 御坂茶屋跡
  • 様子