熊秋トンネル脇の廃道(国道33号旧道) 概要・歴史

高知県高岡郡越知町にある熊秋トンネル脇の廃道(国道33号旧道)。

1975(昭和50)年に熊秋トンネルが出来た際に旧道となった。

その後、この旧道で崖崩れが発生したため、現在は高知側の入口から300m程の地点にある野老山警報所付近に盛り土がされ、廃道化されている。

この盛り土と崖崩れの影響で車両での通行は不可能、徒歩での通行も非常に困難な状態になっている。

2011年09月15日作成

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

熊秋トンネル脇の廃道(国道33号旧道) 住所

高知県高岡郡越知町野老山

熊秋トンネル脇の廃道(国道33号旧道) 種類

廃道

熊秋トンネル脇の廃道(国道33号旧道) 画像・写真

熊秋トンネル脇の廃道(国道33号旧道)
熊秋トンネル脇の廃道(国道33号旧道)
熊秋トンネル脇の廃道(国道33号旧道)

熊秋トンネル脇の廃道(国道33号旧道) 関連ブログ・参考リンク

熊秋トンネル旧道
http://tynd.bakufu.org/Kumaaki_1.html
熊秋トンネル旧道高知側。現道である熊秋トンネルのすぐ前から分岐。今回は二回目のトライである。前回は旧道で工事が行われていたためものの100mで断念。熊秋トンネルの銘板。完成から30年以上経っている。施工にはおなじみの企業。先に言うと入り口で閉鎖されており、四輪

ピックアップ廃墟