何でも屋は愛媛県東温市河之内の店舗跡。国道11号線沿いに位置する。 1970年代よりそれらしい存在が確....

何でも屋(東温市河之内)

何でも屋(東温市河之内) 概要・歴史

何でも屋は愛媛県東温市河之内の店舗跡。国道11号線沿いに位置する。 1970年代よりそれらしい存在が確....

何でも屋(東温市河之内) 画像

何でも屋(東温市河之内)
提供画像 転載禁止
提供画像 転載禁止
提供画像 転載禁止

近くのスポット

何でも屋(東温市河之内) ストリートビュー・空中写真

何でも屋(東温市河之内) 関連ブログ・参考リンク

http://kirarikira.blog.shinobi.jp/Entry/97/
愛媛県を国道11号線沿いに新居浜方向から松山へ向けて走る。すると東温市の桜三里という場所の道の駅「桜三里」のトンネル手前、国道沿いの向かって右側に凄い骨董屋がみつかる。何が凄いかというと、骨董品の内容と、レイアウトの仕方である。骨董品の多くは、売り物になるのか
https://blogs.yahoo.co.jp/padapadatalent/30352195.html
松山から高松に至る国道11号線沿い、松山から30分程の所に桜三里という峠があります。渓谷沿いに桜が10km程植えられていまして春には景色のいいところです。その中央部分の国道沿いに何でも屋さんがあります。此処の展示品は一種独特、久し振りに寄ってみました。目ぼしい
https://blogs.yahoo.co.jp/moguharuyuri16/7028873.html
松山市から川内町を越え、国道11号線を新居浜市に向って走らせると、桜三里という峠の頂上付近に、昭和レトロの「かたまり」のようなリサイクルショップがあります。お店の方に店の名前を聞いても、「ウチ?何でも屋よ」って笑って答えるように、とにかく何でもあります。陶器、