千原鉱山は愛媛県西条市(旧・丹原町)にあった鉱山。銅が採掘された。 18世紀半ばにはすでに存在して...

千原鉱山

千原鉱山 概要・歴史

千原鉱山は愛媛県西条市(旧・丹原町)にあった鉱山。銅が採掘された。 18世紀半ばにはすでに存在して...
この物件のオリジナル画像をご提供頂ける方は、ぜひこちらよりご連絡下さい

近くのスポット

千原鉱山 ストリートビュー・空中写真

千原鉱山 関連ブログ・参考リンク

https://blogs.yahoo.co.jp/frick000/15092761.html
桜も咲いて温かーなったらいな気な虫が騒ぎ始めるんじゃ。「最近、鉱山跡じゃの廃村跡じゃのに行ってなかろがね」「行ってみんのん」夜勤明けに「家にもんてゆっくりしよ」と思いよったけんど久しぶりに抜けるような青空を見たらちーとドライブしたなって桜三里まで来てしもとった
http://userweb.shikoku.ne.jp/mineral/chihara-1.htm
黄銅鉱(吹寄せ)「千原鉱山」は、周桑郡から温泉郡に抜ける国道11号線沿い、いわゆる「桜三里」の中山川河岸に存在する。開坑は古く江戸時代初期にまで遡ると伝えられるが明らかではない。「愛媛県東予煙害史(大正15年発行)」によれば、宝暦三年(1753年)の文書(壬生
http://ntooffice.blog21.fc2.com/blog-entry-1465.html
国道11号線で、松山を経て、東温市から西条市丹原町へ続く峠越えの道を「桜三里」と言います。この桜三里の景勝地に「千羽ヶ岳」があります。根引峠にある河之内トンネルを過ぎて「桜三里」をずっと下って千原地区の桜三里食堂があった広いカーブから左側を見ると、石鎚山の天狗
http://ikei.blog.jp/archives/16710651.html
千原児童遊園(千原小学校跡)千原児童遊園(千原小学校跡)千原鉱山木造校舎愛媛県西条市丹原町千原1231-12012年5月1日
https://ameblo.jp/hiho-haiko/entry-11927344658.html
千原(ちはら)小学校(1972年閉校)旧丹原町千原集落にある平屋建ての木造校舎です。千原地区は、かつで鉱山で栄えた集落ですが、煙害と産業構造の変化により1960年に廃鉱となり、鉱山関係者も他地域へ流出しました。そして、1972年千原小学校も廃校となり、東隣の鞍
http://blog.livedoor.jp/gentarou8-genta2/archives/49702945.html
昨日撮影。国道11号線から相ノ谷へ向かう道を中山川へ向かって下りていく道をバイクで通っていたら、たまたま目に入ったので・・・。これはいったい・・・。もしかして昔あった千原鉱山関係の施設かなぁ?道沿いで少し上のところには、このようなものの・・・。さてさて???写
http://www.mafura-maki.jp/tanbo/touge/umegatou/view9.cgi?num=12
橋と国道の間の短い区間に画像の暗渠があります。道路の山側にあり、今では何の施設か分かりにくいのですが、実はこれ千原鉱山という銅山の名残なのです。銅山の後期に、経営改善を賭けて行った探鉱時の試掘坑が暗渠から数m西側に今でも残されていました。もちろん、現在は坑口付
http://blog.livedoor.jp/haikouwataridori/archives/21142450.html
東西南北のやつ行事とかのやつそれの下の黒板。教室。昭和27年鞍瀬小学校から独立校となる。86年の歴史に幕。最後は18名の生徒でした。1972年閉