別子銅山(別子銅山第三変電所)

別子銅山(べっしどうざん)は、愛媛県新居浜市の山麓部にあった銅山。1690年(元禄3年)に発見され、翌年から1973年(昭和48年)までに約280年間に70万トンを産出し、日本の貿易や近代化に寄与した。一貫して住友家が経営し(閉山時は住友金属鉱山)、関連事業を興すことで発展を続け、住友が日本を代表する巨大財閥となる礎となった。1973年に閉山。

鉱山跡地の一部は「マイントピア別子」という観光施設になり、坑道の一部が見学できるようになっている。

地図は別子銅山第三変電所。第三変電所は、明治37年に建設されたレンガ造りの建物で、水力発電所から送られてきた高圧電流を、鉱山用・家庭用に変電する施設だった。

また旧別子地区には、小足谷接待館跡醸造所跡劇場跡小学校跡などの遺構が残る。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

別子銅山(別子銅山第三変電所) 住所

愛媛県新居浜市立川町

別子銅山(別子銅山第三変電所) 種類

廃鉱・採石場跡

別子銅山(別子銅山第三変電所) 画像

別子銅山(別子銅山第三変電所) 写真・ブログ・リポート

別子銅山・第3変電所遺構 - FIELD-NOTE ~アウトドアと旅~ - Yahoo
http://blogs.yahoo.co.jp/syumatsunotabibito/37292194.html
2006年6月1日 別子銅山・第三変電所跡】 場所:愛媛県 新居浜市交通:新居浜市内から県道47号線を 旧別子方面へ、「マイントピア別子」が目印 「清滝」を越えてすぐ、左手への細い道へ、「 銅山の里自然の家」が目印 1車線で離合難の場所も多いが、交通量
東洋のマチュピチュから産業遺産・山岳鉄道跡 【別子銅山跡】 - FIELD
http://blogs.yahoo.co.jp/syumatsunotabibito/62548129.html
2005年2月19日 明治36年に建てられた歴史的な建物だが、特に保存されることもなく、手つか
旧第三変電所
http://www5f.biglobe.ne.jp/~con-suke/youkan/daisan/daisan1.html
旧別子銅山の東平(とうなる)に残る赤煉瓦の変電所跡。竣工は明治三十七年で、昭和 四十年まで使用された。現在は、廃墟で朽ち果てるままとなっている。 第三という名だが 、三番目ということではないらしい。第一や第二変電所はない。しかし、通洞は第一や
別子銅山 - 失われた空中都市
http://www.h3.dion.ne.jp/~h-takada/douzan/
長い繁栄の時代が終わり鉱山は閉鎖された。ありふれた日常のひとこまが思い出となり 、今は森林の奥深くに当時の栄華をしのばせる遺跡がひっそりと佇んでいるのみである。 平成十九年十月六日から三日間別子銅山の遺構を訪ねる旅をした。 第三変電所
東洋のマチュピチュ 別子銅山 東平
http://www.hotetu.net/sonota/101225betushidouzan.html
2011年1月10日 昔の東平地図。別子銅山記念館リンク. ①旧保安部跡:明治35年(1902年)頃に第三 通洞の開鑿や電車用の変電所として設置された。その後、林業課の事務所になりその 隣が電話交換所となった。明治38年(1905年)頃から消防部門や警備
第三通洞変電所 1
http://yosuzume2.web.infoseek.co.jp/hiking/tounaruSS/tounaruSS_01.htm
第三通洞変電所 1. 愛媛県新居浜市に出かけました。 目指すは別子銅山の遺構です。 二度目の訪問になります。 あちこちの鉱山施設の遺構を見てきましたが別子銅山は 非常に良い形で産業遺構が残されていると感じます。 広いエリアに色々な遺構が残って
銅山廃墟
http://www.kasako.com/0910beshifoto.html
世界遺産級のド迫力の廃墟でした! しかもここ合法で見学できます。 廃墟というと立入 禁止で様々な危険が伴うわけですが、 ここ別子銅山はきちんと管理されていて、 誰でも 自由に見学できるようになっています。 廃墟の聖地といえば足尾銅山ですが、
別子銅山 東洋のマチュピチュと上部鉄道廃線跡歩き
http://www.geocities.jp/syumatsunotabibito/mountain/besshitetsudou2009/besshitetsudou_2009.html
第三変電所についての詳細◆, 第三変電所の内部には入る事が出来る。 以前は入口の 前は藪になっており、ヘビが潜みクモやハチが住み、軽い気持ちでは中に立ち入れない ようになっていた。 しかし別子銅山が有名になったからか、その藪が撤去されていた。
車泊旅'11 in四国 (3) - 家より車泊・車泊よりテント泊
http://matsutec.naturum.ne.jp/e1262365.html
別子銅山】 新居浜市の山麓にあり、住友家が280年間に渡って70万トンを産出した 銅山。 住友財閥の礎となった鉱山です。 坑道は全長700kmもあり、 住友金属は 坑道が廃坑になり、必要のなくなった建物は解体し、自然に戻すために植林を行った そうです。 ただ、石積みまでの解体 第三通洞 ダウ...
コバルト華(別子鉱山)
http://www.shikoku.ne.jp/mineral/bessi-39.htm
愛媛におけるキースラガー鉱床の含コバルト鉱物の代表としては、佐々連鉱山の カロール鉱と大久喜鉱山の輝コバルト鉱が挙げ . 加藤徹二ら)を送り、鉄屑を以って銅 を沈殿させる方法を採用したもので、本法は今もなお廃坑の鉱水処理に応用されている 。
しおかぜに乗って 銅山集落跡へ(1) - FC2
http://heyaneko.web.fc2.com/zsw06.html
東平と鹿森は「マイントピア別子」の範囲にありますが,四阪島は新居浜港から20kmの瀬戸内海に浮かぶ離島です。 # 6-2: 明治28 その後,別子銅山の閉山により規模は縮小され,昭和52年,小学校・中学校は閉校し,鉱業所集落はその役割を終えました。
廃鉱と廃線・・・煙突山→住友鉱山鉄道跡 派遣くんの「うどんとか・・・の
http://eiai-works.at.webry.info/200802/article_40.html
派遣くんの「うどんとか・・・のモンゲレ日記」の廃鉱と廃線・・・煙突山→住友鉱山鉄道跡に関する詳細記事。(Powered by BIGLOBEウェブリブログ)夕方から、そこいらの山を歩きたくなった。
〜愛媛県の誇る東平東洋のマチュピチュ〜:PygmyPlantsPlanet
http://piplpl.exblog.jp/16004190/
東洋のマチュピチュ??と呼ばれる『東平選鉱場跡』愛媛県新居浜市のマイントピア別子からさらに狭い道を進んだ先に有る『東平ゾーン』にあり、非常に高度感の有る景観をしております☆
廃墟探訪~別子銅山~|wesampo
http://ameblo.jp/shiromaru8/entry-11250867010.html
「どうも~~~~~~。別子銅山でございマチュ!」・・・・・。「東洋のマチュピチュ」ってのは、ネット上でそう言われてるだけかと思ってたんだけど、がっつり「東洋のマチュピチュこちら→」的な看板が立ってるんですね。「そうだよ。だってそれがセールスポイントでございマチ
別子鉱山|廃墟purelove日記
http://black.ap.teacup.com/purelove/322.html
別子鉱山の坑道は保存展示されています。鉱山の歴史や当時の様子が良くわかります。前回はあまり詳しく見れなかったのでまた行ってみたいですね~
別子変電所|廃墟purelove日記
http://black.ap.teacup.com/purelove/323.html
別子変電所付近にはいろいろ施設が残っています。変電所自体、煉瓦造りでなかなか味があります。ちょっと進むと昔の銅山跡が山中にあります。銅山跡はかなり歩くので気合が必要ですね~
静の 日々是好日 近代産業遺産 ― 別子銅山 と 別子鉱山鉄道 2
http://iyokan8.blog55.fc2.com/blog-entry-186.html
その後、筏津下部に向けて、延長5100mの探鉱通洞が昭和10年 (1935年) から開鑿され、昭和17年 (1942年) に貫通、全長約10000mの大通洞になり、筏津坑の操業にも大きく貢献しました。 端出場と大立 惣開の西南の星越山周辺に位置する星越地区は、大正14年 (1927...
四国バイク旅.8日目『別子銅山跡』へ。 : 後藤健太郎のブログ
http://blog.livedoor.jp/gotokentarou/archives/67851792.html
四国バイク旅.8日目松山市から別子銅山跡(東平・とうなる)へ。標高750m前後の山中に位置し、最盛期には3800人のも鉱山関係者とその家族が住んでいた。昭和43年(1968)の東平坑休止で無人の地となるまで、山の町として賑わっていた。レンガ造りの建物数棟以外は
四国の山の銅山跡を訪ねて
http://heyaneko.web.fc2.com/besshi.html
次には接待館という要人の宿泊や宴会に使われたという施設の跡があり,特徴のある模様の入った赤レンガの壁や,規模の大きな石積みの階段が,往時の華やかさを想像させます。レンガの壁の中は平らなのですが,植林されていて,遺物はレンガや石垣ぐらいしか見あたりません。建物は
http://h2o.sakura.ne.jp/bessi/Qbessi/15settaikan/settaikan.html
小足谷接待館跡登山口から20分強接待館跡に着きます。小足谷接待館と傭人社宅明治期に入って急速に鉱業の近代化が進むなかで、それに伴う各界の要人が頻繁に来山するようになった。そこで明治34年(1901)一般人が経営していた泉亭を改装して別子接待館として営業を開始し