生駒山宇宙科学館 概要・歴史

生駒山宇宙科学館は奈良県生駒市の生駒山上遊園地内にあった科学館。

吉阪隆正氏の設計で1951年に生駒山天文博物館として建設され、1969年からは生駒山宇宙科学館として利用されてきた。

高さ約25m、長径60mのUFOのような楕円形のコンクリート打ちっ放し建築だった。

1999年に閉館。その後放置されてきたが、2015年から2016年にかけて解体された。

なお、隣接する「ペットふれあいの森・生駒」も2015年11月3日で閉業している。

解体され現存していません

生駒山宇宙科学館 住所

奈良県生駒市鬼取町

生駒山宇宙科学館 種類

博物館・美術館・秘宝館

この物件のオリジナル画像をご提供頂ける方は、ぜひこちらよりご連絡下さい

生駒山宇宙科学館 ブログ・リポート

生駒山 宇宙科学館 跡地 】 廃墟と呼ばれたくないなあ | センスオブワンダァ
http://sssenceofwonder.blog6.fc2.com/blog-entry-789.html
吉阪隆正 U研究室DISCONT:不連続統一体 アルキテクト編 丸善株式会社 1998 いやあ名古屋の古本屋で見つけて。98年当時の定価で7000円 税
生駒山宇宙科学館 | イコマガ!
http://www.ikomagaz.in/ikoma-space-science-museum
生駒山宇宙科学館2015.12.20えっ…うそっ!生駒山宇宙科学館が取り壊しの最中でした。。誰もが次の活用を楽しみにしていたのに、何事でしょう。これを知ったら、各方面から哀しむ声が沢山聞こえて来そうです。。有名な建築家の建物を取り壊すからには、跡地が素敵に活用

ピックアップ廃墟