奈良県と大阪府の境にある生駒市上には、生駒山上廃別荘群と呼ばれる別荘の廃墟群がある。 1960年代か....

生駒山上廃別荘群

生駒山上廃別荘群 概要・歴史

奈良県と大阪府の境にある生駒市上には、生駒山上廃別荘群と呼ばれる別荘の廃墟群がある。 1960年代か....

生駒山上廃別荘群 画像

S観荘
©廃墟探索しようズ BOB

近くのスポット

生駒山上廃別荘群 ストリートビュー・空中写真

生駒山上廃別荘群 関連ブログ・参考リンク

http://dimensionx.myqnapcloud.com/kikou/view.php?jun=1&cat=0&subcat=26&mob=
大阪と奈良の境目、生駒山上に別荘などの廃墟群があるということで行ってみた。場所は明らかではないが、他のブログの写真などで現場から生駒山上遊園地を撮影した写真などを分析し、場所を割り当てた。地図上も正体不明の建物が転々としているので恐らく間違いないと車を走らせる
http://unforgivens.blog96.fc2.com/blog-entry-24.html
某遊園地近くに廃墟群があるらしいというので行ってまいりました。男2人でメルヘンなケーブルカーを乗り継ぎまずは目的地近くの遊園地へ。さらに警備員の目を盗み遊園地駐車場を抜け車でしか行けない道をひたすら歩きます。-到着-この辺り一帯廃屋が並んでます。しかし植物で入
http://tomhet.doorblog.jp/archives/34966473.html
ぼったくりとしか思えない程に通行料が無駄に高い信貴生駒スカイライン。其の脇道の一つ、唯でさえ寂れたスカイラインから更に寂れた脇道へと踏み入れば其処は、鬱蒼と茂る草木に隠されるかの様に廃別荘が点在する領域。その廃別荘群の中の一つ。鬱蒼とした山上の寂れた一角に忘れ
http://tomhet.doorblog.jp/archives/35566041.html
その廃別荘群の中の一つ。汚らしく朽ちた、美しさに欠ける廃屋。その醜悪な外観を更に醜く彩り、辺りに散らばるは不法投棄か残留物か。廃墟的魅力など微塵も感じさせぬ、最早、不快感しか齎さない一軒である。
http://haiaikoujin.sakura.ne.jp/jyukyo1.html
生駒山廃墟群信貴生駒スカイラインの途中、生駒山上○園地の近くの脇道を入ったところにあります、企業の保養所だったとあるサイトに載っていました。自分が確認したところ管理されている物件も含め7.8軒ありましたがほとんど廃墟たったと思います。自分好みの物件です。
http://kuromax.web.fc2.com/ruin/nara/hotel/index.htm
保養所西○荘生駒山にある山荘群の中でも、最も有名で、最もわかりやすい場所にある保養所の廃墟です。2階建ての白い建物で、鉄格子のある窓が印象的でした。かつては、和風の立派な宴会場があったようです。隣にある公園には、真新しい鉄道車両が展示されていました。
http://cocorokazu.blog65.fc2.com/blog-entry-1693.html
「生駒」「廃墟」でググると、見れるサイトが数か所ある見た分には簡単に写真が撮れるように思った大間違いでした草ぼーぼー&大量の虫で入る気が・・・では写真をチェックしてみようまともに撮れたのはラストの写真だけ結論生駒の廃墟に興味がある人は探索をやめるべしちなみにこ
http://haiaikoujin.sakura.ne.jp/jyukyo1-3.html
生駒山 廃墟群 3 信貴生駒スカイラインの途中、生駒山上○園地の近くの脇道を入ったところにあります、企業の保養所だったとあるサイトに載っていました。 自分が確認したところ管理されている物件も含め7.8軒ありましたがほとんど廃墟たったと思います。
https://ameblo.jp/westy6978sr500/entry-12370154827.html
雨の生駒山の続きです。巨大駐車場から歩いて10分位の有るエリアの入り口です。信貴生駒スカイライン内の脇道を入っていきます。昭和の残留物がそこかしこに残るエリアです。しばらく歩くと巨大電波塔が迎えてくれます。道が二手に別れますが何方に進んでもここへ帰ってきますの
https://haikyo.hatenablog.jp/entry/skansou
S観荘1階部分1階部分はこのように大量の一斗缶が廃棄されていました。置かれていた場所はバーカウンターのようなものとキッチンがあったので、パーティースペースかなにかだと思います。 2階部分2階部分は個室が2つと和室が1つありました。和室部分は下の写真のように玉石がひかれた造りになっていて、結構お金がかかってそうでした。 このあと屋上に登ろうかどうかを屋外の階段で考えていると、目の端でパトカーが来ているのを見つけました。 前情報では警察無線用の電波塔があるようで、定期的に巡回しているとのことでした。 が、以前の訪問時には全く会わなかったので内心かなりビビって裏口からダッシュで逃げました。