天外天劇場 概要・歴史

天外天劇場は台湾の台中市にある劇場跡。

日本占領時に日本人により建設され、1936年3月完成。3階建て630席と、当時は台湾で一番大きいヨーロピアンスタイルの劇場で、演劇、京劇、オペラの他に映画上映などにも使用されたという。カフェやダンスフロアなども備えていた。

戦中は閉鎖、戦後1950年に売却されInternational Theatreと改名。1975年から製氷工場に転用されるも1990年閉鎖。

保存を求める声があったが2016年8月に内部の解体を開始。しかし文化資産の調査のため中断された。

状態
2019年02月06日作成  2019年02月06日更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

天外天劇場 国

台湾台中市

天外天劇場 種類

劇場・映画館

天外天劇場 画像・写真

天外天劇場
天外天劇場

天外天劇場 ストリートビュー・空中写真

天外天劇場 関連ブログ・参考リンク

天外天劇場 | Departure
https://departure.amebaownd.com/posts/5656638
日本占領下の1936年、日本人により建てられたヨーロピアンスタイルの劇場。当時は台湾で一番大きく、市民にも開放され長く親しまれてきた。日本の敗戦後は劇場としての役目を終え、製氷工場、ビデオレンタル店などに転用されたが、どれも長続きしなかった。現在は廃墟として、

ピックアップ廃墟