台湾 廃墟一覧

金瓜石鉱山
金瓜石鉱山(きんかせき こうざん)は台湾北部、旧台北州基隆郡にあった金鉱山。 清朝統治時代の1890(明治23)年に発見された。1895年(明治28年)からの日本統治下、...
台湾に残る日本統治時代の炭鉱
青桐炭鉱(平溪線)
青桐は、台北郊外を走る平溪線の終点駅。かつて炭鉱町として栄え、日本統治時代の駅舎や鉱山跡が残っている。 太子賓館という炭鉱会社が皇太子を迎えるために作った招...
巨大な選別場跡が残る台湾の廃炭鉱
新平渓煤礦(新平溪煤礦、十份炭鉱、十分炭鉱)
新平渓煤礦(新平溪煤礦、十份炭鉱、十分炭鉱)は台湾の十分(スーフェン)にあった炭鉱。 1960年代に開山し、新平渓煤礦公司という会社が運営していたが、1997年閉山...
十三層遺跡(金瓜石十三層遺址)
十三層遺跡(金瓜石十三層遺址)は台湾北部、新北市瑞芳区にある鉱山施設跡。金瓜石の先にある水湳洞に位置する。 1905(明治41)年から開発された金瓜石鉱山の精錬施...
萬里飛碟屋(Wanli UFO Village)
萬里飛碟屋(Wanli UFO Village)は台湾の新北市にあるUFO型住居群。台北郊外のワンリ湾に位置する。幽浮船廃墟、太空玲瓏屋、翡翠灣太空玲瓏屋とも呼ばれる。 1968年...
アンコール遊園地(亞哥花園、Encore Garden)
アンコール遊園地(亞哥花園、Encore Garden、Encore Amusement Park)は台湾の台中市にあった遊園地。 1981年に開園。 広大な敷地にはメリーゴーランド、ゴーカート...
天外天劇場
天外天劇場は台湾の台中市にある劇場跡。 日本占領時に日本人により建設され、1936年3月完成。3階建て630席と、当時は台湾で一番大きいヨーロピアンスタイルの劇場で、...
飛碟屋度假村(三芝飛碟屋、台湾UFO型未来建築)
飛碟屋度假村(三芝飛碟屋、台湾UFO型未来建築、Sanzhi UFO houses)は、台湾の台北市北、淡水にある宇宙船のようなデザインのホテル、リゾート。 1978年に建設開始。U...
安平樹屋(安平ツリーハウス)
安平樹屋は、台湾の台南にあるガジュマルの木に覆われた建物。 元々は日本統治時代にイギリス商の徳記洋行が倉庫として使っていた建物で、真っ白な二階建ての建物だっ...
龍騰断橋
龍騰断橋(りゅうとうだんきょう)は台湾苗栗県三義郷龍騰村にある鉄道橋遺構。古くは魚藤坪断橋(ぎょとうへいだんきょう)と呼ばれた。 1908年に台湾総督府鉄道が縦...
台湾の廃墟遊園地
カトリワールド遊園地(台湾)
カトリワールド遊園地(Katoli World)は、台湾にあった遊園地。 1980年代に、台湾で最初のジェットコースターを備えた遊園地としてオープンした。 1999年9月21日の地...
宮殿温泉大飯店
宮殿温泉大飯店は台湾新北市のホテル。 宮殿風の外観で、近隣にあるホテルの別館として開設、「城館」と呼ばれたという。 昔のテレビゲームのような外観から「クッパ...
嘉義民雄鬼屋(劉家古宅)
嘉義民雄鬼屋(劉家古宅)は台湾の嘉義市にある廃屋で、著名な心霊スポット。 井戸に身投げした女性のメイドの幽霊が出る、日本兵の幽霊が出る、という噂がある。
旗後砲台(旗后砲台)
旗後砲台は台湾の高雄市にある砲台跡。 清朝末期、1876年に作られた軍事遺構で、イギリス人の建築家 H・W・ハーウッドが設計している。 史跡として管理されている。
彰化駅前の廃ビル
台湾の彰化駅前の廃ビル。火災で三階以上が廃墟化している。
原臺南陸軍偕行社(原台南陸軍偕行社)
原臺南陸軍偕行社は台湾の台南市北区にある旧日本陸軍偕行社の建物。エリート軍人の社交の場だったという。 日本撤退後、台湾の陸軍が利用。2000年頃から廃墟化してい...
彰化扇形庫
彰化扇形庫(しょうかせんけいこ)は台湾彰化県彰化市にある扇形庫である。 1922年(大正11年)に建てられた。転車台を中心に12本の車庫線が放射状に配置され、それに...

台湾 廃墟種類

ピックアップ廃墟