十三層遺跡(金瓜石十三層遺址)

十三層遺跡金瓜石十三層遺址)は台湾北部、新北市瑞芳区にある鉱山施設跡。金瓜石の先にある水湳洞に位置する。

精錬所の跡で、十三層の建物を持つことからこの通称がある。1933年築。土壌汚染が深刻でほとんどの場所が立ち入り禁止となっているが、公道上から外観を見学することができる。

891バス(黄金博物館-水湳洞・金水浪漫號)で水湳洞まで行くと、見上げる形で観察できる。また、マイクロバスで「天空之城十三層遺址」のポイントを通過する場合、途中下車して遺構を見学しながら徒歩で山を下っていくことも可能。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

十三層遺跡(金瓜石十三層遺址) 国

台湾

十三層遺跡(金瓜石十三層遺址) 種類

廃鉱・採石場跡

十三層遺跡(金瓜石十三層遺址) 画像

十三層遺跡(金瓜石十三層遺址)
十三層遺跡(金瓜石十三層遺址)
十三層遺跡(金瓜石十三層遺址)
十三層遺跡(金瓜石十三層遺址)
十三層遺跡(金瓜石十三層遺址)
十三層遺跡(金瓜石十三層遺址)
十三層遺跡(金瓜石十三層遺址)

十三層遺跡(金瓜石十三層遺址) 写真・ブログ・リポート

【台湾の廃墟】金瓜石 十三層遺跡 : The Abandoned 13-Level Smelter in Shuinandong | Tomboy Urbex
http://www.tomboy-urbex.com/the-shuinandong-smelter-13-level/
十三層遺跡(十三層遺址)は、台湾の瑞芳区の金瓜石水南洞にある精錬所の廃墟です。13層の建物を持つことから“13-Level”とも呼ばれています。金瓜石は日本人によって金や銅の鉱脈を発見され、日本占領時の1933年に精錬所が建てられました。現在は閉山され、廃墟に
台湾1/6:金瓜石鉱山、十三層遺跡(金瓜石十三層遺址)
http://tokyo.rdy.jp/archives/4168
そしてめでたく一番山の上の「天空之城十三層遺址」辺りまで戻り、そこから海までぐねぐねと歩いて下りてくることができた。金瓜石鉱山はかつて東北アジア随一と言われた金鉱山。1890年(明治23年)に発見され、1895年(明治28年)からの日本統治時代に開発が進められ
Where is this?
http://yummmy.exblog.jp/27875219/
|201712/18/27/|mid|600|400#]なぜだろう?「廃墟」にとても魅かれるat 天空の城台湾

ピックアップ廃墟