新平渓煤礦(新平溪煤礦、十莉ス炭鉱、十分炭鉱)は台湾の十分(スーフェン)にあった炭鉱。 1960年代....

新平渓煤礦(新平溪煤礦、十莉ス炭鉱、十分炭鉱)

新平渓煤礦(新平溪煤礦、十莉ス炭鉱、十分炭鉱) 概要・歴史

新平渓煤礦(新平溪煤礦、十莉ス炭鉱、十分炭鉱)は台湾の十分(スーフェン)にあった炭鉱。 1960年代....

新平渓煤礦(新平溪煤礦、十莉ス炭鉱、十分炭鉱) 画像

© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止

近くのスポット

新平渓煤礦(新平溪煤礦、十莉ス炭鉱、十分炭鉱) ストリートビュー・空中写真

新平渓煤礦(新平溪煤礦、十莉ス炭鉱、十分炭鉱) 関連ブログ・参考リンク

http://www.tomboy-urbex.com/abandoned-mineral-concentrator-device-shihfen/
平渓郷、十分にある“台湾炭鉱博物館”という観光地があり、その隣に現在は管理されず放棄された選別場の廃墟があります。ここ一帯は新平渓煤礦公司という会社が炭鉱を運営していましたが、1970年代に不採算となり、1997年に閉鎖しました。
http://blogs.yahoo.co.jp/chibanittai/68266605.html
日本の炭鉱がそうであったように、鉱脈が尽きたというよりも露天掘りで効率のいい広い大地のあるシナやオーストラリアの石炭とはコスト競争に勝てなかったのである。また、炭鉱労働者は煤塵 .. こうして廃坑になった跡を利用して工夫を凝らして観光客を呼び、地域経済を振興させる活力は日本もみ習うべきだと思います。 ☆ナイス!~. 2013/10/1(火) 長崎県の池島炭鉱について書きましたが、池島炭鉱は、軍艦島(端島)や高島炭鉱よりも歴史が浅く戦後開発された炭鉱でした。つい最近まで(2000 
http://tokyo.rdy.jp/archives/4384
さて、ここから新平渓煤礦(新平溪煤礦、十莉ス炭鉱、十分炭鉱)の遺構に向かって歩いて行く。遠くに建物跡が見え、結果的には駐車場奥から簡単に入れたのだけれど、最初反対の道に行ってアプローチがわからなくなり、地元の人に尋ねた。この人たちがまったく英語が通じず、スマホの
新平渓煤礦(新平溪煤礦、十莉ス炭鉱、十分炭鉱) 関連ワード
  • つり橋
  • 造られた
  • 静安吊橋