金瓜石鉱山 概要・歴史

金瓜石鉱山(きんかせき こうざん)は台湾北部、旧台北州基隆郡にあった金鉱山。

清朝統治時代の1890(明治23)年に発見された。1895年(明治28年)からの日本統治下、田中長兵衛の田中組によって開発が進められ、1902(明治35)年頃には年産金量が2万両(約750kg)に達した。

1904(明治37)年6月に獅子岩の麓で豊富な硫砒銅鉱が発見され、田中長兵衛と技師長小松仁三郎の名前を1字ずつ取って「長仁鉱床」と命名された。

第一次世界大戦後の1918(大正7)年、田中鉱山株式会社に経営権を委譲。

1925(大正14)年、長兵衛の後を継いだ田中長一郎より株式を譲り受けた後宮信太郎が金瓜石鉱山株式会社を創設、そちらに経営権が移る。

1933(昭和8)年、日本鉱業株式会社が経営権を買収、台湾鉱業株式会社を設立。1935(昭和10)年には1年に粗鉱量100万tを処理する東洋一の大鉱山となり、住民人口も15,000人を数えるまでなった。福利厚生施設も充実し、映画館だけでも3つ、ほかに学校、郵便局、合宿、病院、旅館、日用品供給所、プール、テニスコート、陸上競技場、武道館、相撲場、弓道場、神社、寺院、火葬場から共同墓地までありとあらゆる設備が整っていた。

太平洋戦争中は労働力が欠乏し、英国人捕虜や台北刑務所の囚人までを駆り出し、過酷な労働に従事させた。

終戦により一時閉山となったが、中華民国政府により金銅鉱務局設立準備処が設立され、1955年には金瓜石鉱山が再度組織された。新たに金瓜石に金銀製錬工場を、また水南洞に沈澱銅を製錬するための溶鉱炉、反射炉と電錬工場を建設され、一時的に活気を取り戻したが、鉱脈が尽きたことから1985年に廃業を決定、1987年に閉山となった。

現在もなお、十三層遺跡(金瓜石十三層遺址)とも呼ばれる銅精錬工場跡をはじめ、地下坑道、鉱山事務所、日本人宿舎、黄金神社など、多くの遺構が残されている。一帯は金瓜石黄金博物園区として整備され、世界遺産への登録に向けた取り組みがすすめられている。

状態
2019年05月23日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

金瓜石鉱山 国

台湾新北市瑞芳区

金瓜石鉱山 種類

廃鉱・採石場跡

金瓜石鉱山 画像・写真

金瓜石鉱山
金瓜石鉱山
黄金神社
黄金神社
黄金瀑布
黄金瀑布

金瓜石鉱山 ストリートビュー・空中写真

金瓜石鉱山 関連ブログ・参考リンク

ぷらっと台湾 わがまま歩きの旅
http://kazu.chips.jp/travel/taiwan/3rd_1.htm
ぷらっと台湾. 第3日(12/14) 前編(金鉱で栄えた町・九ふん~金瓜石) 古びた町並み 、建物、廃坑などを見て歩けば、妙な懐かしさを感じました。(夜の風景と比べ やがて 金が掘り尽くされ、1970年代前半に鉱山が閉鎖されると衰退の一途をたどりましたが、 2000年に「黄金博物園區」の完成に...
台湾スタディーツアー: 金瓜石(1)
http://taiwan.blog.eonet.jp/default/2011/10/post-b699.html
2011年10月18日 何もない山奥の村が金の発見によって栄え、そして廃鉱によってさびれ、そしてレトロな 街並みが再評価されて今度は 金瓜石も同じような時期に金鉱が発見され、後には銅 も発見されたことから、九份以上の鉱山として栄えていたそうです。
台湾スタディーツアー: 金瓜石(2)
http://taiwan.blog.eonet.jp/default/2011/10/post-73b0.html
2011年10月24日 金瓜石(2). 金鉱の街、金瓜石の続きです。廃鉱になって26年。金瓜石の街は、観光地 としての再生を目指しているようでした。昔の建物や、施設 戦前の鉱山を管理してい た日本人職員や技師の家が保存されています。また、「太子賓館」と
台湾黄昏地帯 金瓜石 1
http://www.ilha-formosa.com/kinka010.htm
green 金瓜石, Page 1/7 を教えてくれます。このあたりは金瓜石の一般的な周遊 コースからちょっと外れていて、廃坑見物の観光客で賑わう週末でもひっそりとしていま した。 状態です。中には鉱山で使用していたと思われる機関車が放置されていました 。
復興祈念? 台湾の旅
http://www12.atwiki.jp/tosiyatosiya/pages/329.html
むろん今は廃鉱となってしまったが、昔の姿を留めたノスタルジックな街並みの風情が、映画のロケ地となったことも相まって、 金瓜石. 急峻な山肌に小さな家々がへばり付くように立ち並び、どこに行くにも急な階段を上り降りしなければならず、足の筋肉の乳酸が直ぐに欠乏してしまう。 . 平溪ピンシ...
金瓜石 廃鉱 | G3は今日も元気
http://gedano.blog92.fc2.com/blog-entry-2895.html
炭坑 華やかし頃 の 青桐( ジンドン ) 駅 付近青桐 付近 を 歩きながら ・ もう 6 年も 前 に なる か Dolce mandolino 有志で 訪
【旅行】 台湾旅行記 4日目 【千と千尋の神隠し・九分】 | 新・大学生ライフ ~自転車と映画と時々勉強~
http://funexperience.blog.fc2.com/blog-entry-31.html
昨日は風邪ひいて大変だった・・・だがしかし!!今日はいける気がする!!4日目スタートでい!!もっと台湾を楽しまないと、ということでま
台湾北部周遊4日間 | 趣味のアルバム
http://bata007.blog34.fc2.com/blog-entry-84.html

ピックアップ廃墟