彰化扇形庫(しょうかせんけいこ)は台湾彰化県彰化市にある扇形庫である。 1922年(大正11年)に建て...

彰化扇形庫

彰化扇形庫 概要・歴史

彰化扇形庫(しょうかせんけいこ)は台湾彰化県彰化市にある扇形庫である。 1922年(大正11年)に建て...
この物件のオリジナル画像をご提供頂ける方は、ぜひこちらよりご連絡下さい

近くのスポット

彰化扇形庫 ストリートビュー・空中写真

彰化扇形庫 関連ブログ・参考リンク

http://nibansenji.com/world/chunghua3.html
彰化扇形車庫その3そう、ここに目指す「彰化扇形車庫」があるのだ。中にはビッシリと蒸気機関車やディーゼル機関車が格納されている。もちろん中央の転車台(ターンテーブル)も健在だ。大正11年製という、台湾に現存する唯一の扇形機関庫。これが建造された当時、台湾は日本に
http://www.2427junction.com/taiwanreportch.html
彰化駅の北側にある彰化機務段(彰化機関区)は、台湾で唯一扇形庫(扇形機関庫)を有する車両基地である。扇形庫は日本統治時代の1922年に建設されたもので、2003年に彰化県の県定古蹟に指定。現在も現役で使用されている。扇形庫には現役のツ黴
http://blog.livedoor.jp/gakusan55/archives/52064943.html
2014年6月12日 2014年4月28日(月)・1日目鹿港から、ふたたび彰化站へ鹿港から、華麗なる運転テクニックのバスに揺られ、何とか彰化駅へ 彰化の扇形庫も撤去の予定だったのですが、地元民や鉄道ファン達が保存運動を行って残すことになりました。
http://www.trainfrontview.net/kini/chanha10.htm
日本時代の扇形庫が残る駅. 2008/12散策. 台湾中部の台湾鐵路(在来線)彰化駅。ここには、日本時代の1922年に竣工した扇形庫が現役で使用されています。台湾の産業遺産にも登録されており、見学も自由にできます(9:00~17:00無休/無料)。 台湾高速ツ黴
彰化扇形庫 関連ワード
  • 台湾国際放送
  • 彰化
  • 扇形庫
  • 転車台