帝釈峡の洋館もどき 概要・歴史

帝釈峡の洋館もどきは広島県神石郡神石高原町にある別荘跡の通称。

帝釈川ダムのダム湖・神竜湖(しんりゅうこ)畔の崖の上、蓬莱山付近に位置する。

ドーム屋根の洋館のような作りをしているが、洋館ではなく別荘跡らしい。

戦時中から所在したという。

1962(昭和37)年頃までは使用されていたらしい。1970年代までは西側に道があったが、既に草木に埋もれて踏破困難となっている。

帝釈川ダムからもドーム状の屋根がわずかに確認できる。

状態
2019年04月01日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

帝釈峡の洋館もどき 住所

広島県神石郡神石高原町永野

帝釈峡の洋館もどき 種類

団地・住宅・別荘

帝釈峡の洋館もどき 画像・写真

帝釈峡の洋館もどき
1970年代には西に道が伸びている

帝釈峡の洋館もどき ストリートビュー・空中写真

帝釈峡の洋館もどき ブログ・リポート

秘境に存在する廃洋館もどきに行ってきたの巻 by くまお [広島県] : 八画文化会館
http://hakkaku-culture.info/webmagazine/000391.php
広島県にある廃洋館もどきに行ってきました。あと2人でグーニーズになれたのですが、それだけが残念です。車を停めて5人はトボトボと歩き始めます。この廃洋館もどきは、まさに秘境と呼ぶにふさわしい場所に建っています。湖のほとり、断崖絶壁の上に建っているのです。もちろん

ピックアップ廃墟