たつみ山荘 概要・歴史

たつみ山荘は岡山県美作市のホテル。

1975年以前の開業。

五階建て建物で、別荘形式の特別室などが備えられていた。大衆演劇の公演なども行われていた。

敷地内の石碑には「春は鶯 夏は蝉 月に雪見の 露天風呂」の文字があった。

2009年1月、経営元の「桜リゾートたつみ」が負債総額7億円を抱えて倒産。

2017年時点で建物は現存し、管理されている。

状態■■
2019年04月01日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

たつみ山荘 住所

岡山県美作市中山

たつみ山荘 種類

廃ホテル・宿泊保養施設・温泉

たつみ山荘 画像・写真

たつみ山荘

たつみ山荘 ストリートビュー・空中写真

たつみ山荘 ブログ・リポート

岡山県美作市の湯郷温泉「たつみ山荘」では、石碑に「春は鶯 夏は蝉 月に雪見の 露天風呂」と詠われています。目下、再建を目指してホテルは運営休止状態にあります | 松葉博雄の社長研究室
http://mazba.com/6912/
目指す温泉は、美作市の湯郷温泉です。湯郷温泉の「たつみ山荘」のホテルの前に車を停めて、玄関を見て見ると、閉鎖しています。張り紙を見て見ると、どうやら破算して、現在は弁護士による管理状態にあります。玄関から少し脇の方を覗いてみると、茅葺き屋根の茶室が見えます。こ

ピックアップ廃墟