ホテルやま 概要・歴史

踏切の先にコテージ群が

ホテルやまは福島県河沼郡会津坂下町のホテル。国道49号線旧道から只見線の線路を渡った先に位置する。

1976年以降、1982年までに開業。

5棟のコテージとフロント棟から構成される施設で、各コテージは二階建てで一階がガレージ、二階が客室となっていた。4号室がなく、1号室から6号室までがあった。

閉業時期不詳ながら、2000年時点では電話帳に記載がある。前の通りが2001年竣工の七折峠トンネルにより旧道化したため、客足が遠のいたものと推測される。

料金は休憩3000円、宿泊4000円であった。

2019年5月時点で現存し、コテージの屋根や壁面に損壊が見られる。

敷地内には草木が繁茂し、不法投棄と見られる家電製品などが散乱している。

状態
2019年05月10日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

ホテルやま 住所

福島県河沼郡会津坂下町気多宮

ホテルやま 種類

廃ホテル・宿泊保養施設・温泉

ホテルやま 画像・写真

ホテルやま
旧道沿いの看板
ホテルやま
ホテルやま
旧道から伸びる小路
ホテルやま
踏切を渡った先にコテージが見える
ホテルやま
線路沿いに並ぶコテージ
ホテルやま
ホテルやまのフロント棟。家電製品が散乱している
ホテルやま
ホテルやまのコテージ群
ホテルやま
ホテルやまのコテージ群
ホテルやま
4号室がなく、3号室の次が5号室となっている
ホテルやま
フロント棟前にある年代物の冷蔵庫
ホテルやま

ホテルやま ストリートビュー・空中写真

ピックアップ廃墟