あぶくま高原ホテル(阿武隈高原ホテル)は福島県田村市にあったホテル。「阿武隈高原温泉廃墟」等とし...

あぶくま高原ホテル

あぶくま高原ホテル 概要・歴史

あぶくま高原ホテル(阿武隈高原ホテル)は福島県田村市にあったホテル。「阿武隈高原温泉廃墟」等とし...

あぶくま高原ホテル 画像

あぶくま高原ホテル
2015/08 ©Google

近くのスポット

あぶくま高原ホテル ストリートビュー・空中写真

あぶくま高原ホテル 関連ブログ・参考リンク

http://yamayama.jp/takine/takine.htm
200m程進み仙台平登山口を右に見てさらに直進し2Km程行くと、 ファミリータウンあぶくま(あぶくま高原ホテル)跡へのT字路がある。 このT字路には田村市大越町観光協会が作成した鬼五郎渓谷案内マップがあるのでよく確認しておいた方がよい。
http://haijinoyamaaruki.com/ootakineyama13_07.html
2013年7月20日 阿武隈山地最高峰の大滝根山へ。 三百名山&花の百名山にも選定されている。花はシロヤシオ♪ 我らは今回一切経山との組合せで、やむなくこの時期に登った。 小野IC下車後、セブンイレブンあり。 あぶくま高原ホテル跡へのアプローチツ黴
http://hukushimaniumarete.blog.fc2.com/blog-entry-350.html
進行方向に大滝根山と現在は営業してない「旧あぶくま高原ホテル」が見えてきます。 この旧ホテルの入口付近 を祈願して出発します。 産婆神様の凄みのあるお顔が、ホテルの廃墟と相まって少し怖いので・・・・・、見ないほうが良いかも?
http://anthony3b.blog108.fc2.com/blog-entry-4554.html
4~5年前、経営に行き詰まり廃業したのであります。 あぶくま高原ホテル 外観 内部は、かなり荒らされていた。 ここには、ホテル、日帰り温泉施設、釣堀、結婚式場を兼ねた教会などがありました。 「廃虚萌え」 という言葉があるそうである。
http://amecell-garden.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-9139.html
この地は大滝根川の源流で、入水鍾乳洞から仙台平キャンプ場に登り、少し進んで「鬼五郎渓谷案内マップ」の大きな看板がある所を右折して少し登ったところにあり、廃墟になったテルナ教会、大きな和風家屋、旧あぶくま高原ホテルもありま 
http://blogs.yahoo.co.jp/tqrtcfhz/47797716.html
2014.09.20 福島県 仙台平から大越登山口-山頂-仙台平登山口の一周コース 夜明けの大滝根山 仙台平の放射線測定器、0.187μSv/h 茨城県の住んでいるところの2倍くらい 仙台平の案内板 大越登山口近くの廃墟のあぶくま高原ホテル
http://tf.cocolog-nifty.com/skier/2011/08/post.html
あぶくま高原ホテル」。 内部はかなり荒らされていました。ここには、ホテル、日帰り温泉施設、釣堀、結婚式場を兼ねた教会などがありました。 「廃虚萌え」という言葉があるそうです。 勃興と瓦解、栄光と悲惨、原野や山の中、都会の片隅に取り残され、見放され、静かに崩壊し、朽ちてゆく建築群。。。。このような廃墟に魅かれ、美を感じ、 芭蕉も平泉の廃墟を見て、滅びの美、繁栄のはかなさ、夢のはかなさに心を動かされ、感傷に浸ったのであります。 2011年8月28日 (日) 旅行・温泉 | 固定リンク 
https://ameblo.jp/6blogs/entry-12239044173.html
岡山県│あぶくま高原ホテル大越温泉健康ランド滅びの美学[廃墟・廃屋・遺跡・廃村・廃道]探索-あぶくま高原ホテル(大越温泉健康ランド)廃墟好きさんには幾つかの種類があるようでして、それは退廃的な雰囲気や美しさに感銘を受けたり、それは廃墟と言う存在自体に魅力を感じ
http://yamayama.jp/report/onigoro/onigoro.htm
阿武隈川の支流である大滝根川の源流部に位置する。田村市大越町早稲川にある大越登山口への入口(T字路)に案内図があるのでよく確認しておこう。廃業した「あぶくま高原ホテル」の200mくらい先が大越登山口。ここから沢側へ続く踏み跡を入ってゆくと鬼五郎渓谷。小滝が連続
https://yamasan44.exblog.jp/26152992/
あぶくま高原ホテル跡(7:50)~賽の河原(8:10)~峯霊神社(8:50)~賽の河原(9:35)~あぶくま高原ホテル跡(9:50)おすすめ度3.5落ち葉で滑りやすい道達成度2.0山頂は自衛隊の基地だった
https://blog.goo.ne.jp/moemasa/e/04da802f648268b2cf833626b6e00ac7
大きな登山道案内図のある角を曲がっていくと、「あぶくま高原ホテル大越温泉健康ランド」跡があるまだ建物はキレイに見えるが、駐車場のアスファルトはいたる所から草が生えてなんだかちょっぴり怖い雰囲気・・・あぶくま高原ホテル跡ホテル跡近くの駐車スペースに車を停めると、
https://zatoki.sakura.ne.jp/zatokiwa_2018/20180404
駐車場横を通過して廃業したあぶくま高原ホテルを目指します。廃業したとはいえホテルが有ったのだから道はそれなりと思っていたら、舗装路とはいえ出来たら対向車は来て欲しくない幅員でした。立派な施設だった様子が伺えます。商業教会まであります。その横を進んだ奥が登山口。
http://www.blueroy.net/240519otakine.html
この土曜日は基本的に移動に当てるということで、まずは大滝根山に登ります。東北自動車道で福島県に入り、あぶくま高原ホテル跡を目指します。元々ホテルがあったということもあって、見通しの悪い道ではありますが、舗装されていて快適な道です。あくまでこのクラスの山にしては
http://iwaten.jugem.jp/?eid=50
廃墟となるのか。
http://www.ne.jp/asahi/tokyo/ono/yama/kokunai/ootakine.htm
どういう事情があってか知らないが、休業中のあぶくま高原ホテル。これだけの建物を放置しておくのはもったいない気がするけれども、周りに取り立てて見るべきものがないという立地条件の悪さを考えると、再開は難しいのでないかと思ってしまう。写真は、すべてKONICAMIN
https://je7snv.at.webry.info/201811/article_10.html
ここは、ファミリータウンあぶくまと総称され、あぶくま高原ホテル・キャンプ場・BBQ場・エテルナ教会(結婚式場)などのある大規模な施設だった。しかし、アクセスも悪く来客は少なく、2005年に営業停止して以来放置されている。いまでは廃墟マニアの探索の対象になってい
https://matyu103819.wordpress.com/2011/04/17/%E3%81%82%E3%81%B6%E3%81%8F%E3%81%BE%E9%AB%98%E5%8E%9F%E3%83%9B%E3%83%86%E3%83%AB%E8%B7%A1%E3%81%8B%E3%82%89%E5%BE%A1%E6%B2%A2%E5%9C%B0%E8%94%B5%E5%B0%8A%E3%82%88%E3%82%8A%E5%A4%A7%E6%BB%9D%E6%A0%B9/
あぶくま高原ホテル跡(07:40)大滝根山(08:28/09:10)出発地(09:48)横浜深夜発、日帰り。ツーリングについては今日の別記事(下の方)へ。写真集:あぶくま高原ホテル跡。駐車場手前には柵があったりしますが、それでも結構な台数が停められそうでした。
http://tenten.daa.jp/yamadarake/ootakine.html
賽の河原から先の下りはのんびりコースです。登るときには気が付かなかったのですが道路脇の建物は教会のようです。それにしても営業をしていないレストラン(真ん中に屋根が見える)とあぶくま高原ホテルは寂しい限りです。
あぶくま高原ホテル 関連ワード
  • あぶく
  • ま高原ホテル跡地
  • コース
  • スタート地点
  • 植林地帯
  • 登山口
  • 賽の河原分岐点