翁島ペンション、通所・幽霊ペンション(お化けペンション)は、福島県耶麻郡猪苗代町にあるペンション....

翁島ペンション(幽霊ペンション)

翁島ペンション(幽霊ペンション) 概要・歴史

翁島ペンション、通所・幽霊ペンション(お化けペンション)は、福島県耶麻郡猪苗代町にあるペンション....

翁島ペンション(幽霊ペンション) 画像

翁島ペンション(幽霊ペンション)
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
天井はかなり崩落している
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
煉瓦造りの暖炉
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
暖炉の脇は階段になっている
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
天井も壁面も激しく崩落している
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
三角屋根が二つ連なる二階建ての向かって右に、同じく三角屋根の離れがある
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
離れ
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
離れは浴室になっている
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
離れも天井が崩落している
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止

近くのスポット

翁島ペンション(幽霊ペンション) ストリートビュー・空中写真

翁島ペンション(幽霊ペンション) 関連ブログ・参考リンク

http://blogs.yahoo.co.jp/yakuniteru/5237908.html
【7月8日、金曜日。以前から気になっていた、福島県の猪苗代町に有ると言う、お化けペンションを散策する機会を得た。県道206周辺に有ると言うが、判らないでいた。ガソリンが、無くなり、野口英世記念館前のガソリンスタンドの女性店員に聞いてみた。すると、〇×建設と言う
http://ameblo.jp/6blogs/entry-10436833830.html
2010年1月27日 福島県│翁島ペンション(幽霊ペンション). 滅びの美学 [ 廃墟・廃屋・遺跡・廃村・廃道 ] 探索 - 004 福島県 翁島ペンション. 廃墟フリークの中では比較的有名物件の福島は 幽霊ペンション、心霊系のアタックも多くてホントそういう系は勘弁して
http://ameblo.jp/6blogs/entry-10472041231.html
2010年3月6日 福島県│翁島ペンション(幽霊ペンション). 滅びの美学 [ 廃墟・廃屋・遺跡
http://soukublog.blog113.fc2.com/blog-entry-576.html
鬱蒼とした森のなかに頼りなげに続いている一本の道を進んでいくと、目の前に浮き上がるようにして現れるのがこの福島県でも有名な心霊スポットです。「幽霊ペンション」「お化けペンション(バケペン)」「グリーンランド」「翁島ペンション」などさまざまな名で呼ばれ、正式な名称が定かではないところがこの物件の古さやひっそりとした経営の様子を思い浮かばせます。
http://home.f01.itscom.net/spiral/pen/pen1.html
呼称・福島の幽霊ペンション 場所・福島県. 今回は不健全な少年少女御用達の ペンションを訪ねる。 地元の心霊スポットとして有名な廃ペンション。 心霊系は怖いから 行きたくないけど、煉瓦の暖炉が素敵だということで。 ドアの向こうに見えるのは。 門番 のように
http://cultofthesun.blog34.fc2.com/blog-entry-221.html
2009年11月24日 太陽の教団-Cult of the SUN-. 心霊スポット・廃墟を定期的に探索する団体です。廃墟・ 心霊に関する写真、動画、ニュース等の情報が盛りだくさん☆現在教団員募集中! logo_1.jpg logo_32.jpg logo_33.jpg. 2010/10/07 お待たせいたしま
http://www.k4.dion.ne.jp/~sinrei/obakepention1.html
おばけペンションは元々、外国人が所有者だったらしいが、日本人が買い取り、 ペンション経営をしていたそうだ。 その後、なんらかの理由によって廃業して、廃墟となっ た。 過去に建物内で焼身自殺や首吊り自殺、2階では殺人事件までおきているらしい。 幽霊の
http://ameblo.jp/6blogs/entry-11131785161.html
2010年1月27日 福島県│翁島ペンション(幽霊ペンション). 滅びの美学 [ 廃墟・廃屋・遺跡・廃村・廃道 ] 探索 - 004 福島県 翁島ペンション. 廃墟フリークの中では比較的有名物件の福島は 幽霊ペンション、心霊系のアタックも多くてホントそういう系は勘弁して
http://syoukanokaze.blog97.fc2.com/blog-entry-135.html
2011年9月24日 遠目からでは廃墟に見えないようなペンションが見え始めた。 DSCN5489.jpg. DSCN5490.jpg 近寄ったら文句なしに廃墟。 しかもかなり崩壊が進んでいる。 DSCN5491.jpg 幽霊ペンション。 正式名称は翁島ペンションらしい。 DSCN5492.
http://railliou.blog3.fc2.com/blog-entry-947.html
さて、本日は『翁島ペンション』編でございます。 IMG_3689.jpg むやみにネットに廃墟の場所を載せてはいけないという、“暗黙のルール”の意味が解りますね。 IMG_3692. もっと恐ろしい『幽霊ペンション』と呼ばれる所以を実感したぜ・・・。
http://railliou.blog3.fc2.com/blog-entry-950.html
今一度、猪苗代湖の沿岸を車で走らせるのであった。 しゃれ「あ、そうだ。どうせまた近くを通るんだから『翁島ペンション』、行くか。」 怪奇現象にも懲りず、 翁島ペンション、リベンジ。(ドドン. IMG_3843.jpg 前回、廃墟の目前まで車が入れることを おじさん「・・・幽霊が・・・フ゛ツフ゛ツ」 すれ違いざまのつぶやくような声量で、あまり聞き取れなかったが、 おじさんは一体何を言っていたのか・・・。 IMG_3845.jpg 下品な落書きで台無し。 話は全く変わりますが、今回の旅の廃墟写真はほとんどRAWで撮りました。
http://nibansenji.com/tohoku/yurei1.html
日本には俗に「心霊スポット」と呼ばれる場所が数多く存在する。その中でも全国屈指といわれる恐怖の物件をご紹介しよう。昼間でもうす暗く、荒れ果てた林の中にそれはあった。普段は立ち入る人はいないだろう不気味な雰囲気が漂う中細い一本道を進むと、小さなペンションが突然姿
http://ameblo.jp/airitakashi/entry-10393376632.html
野口英世で有名なとある湖の傍にある廃ペンションです。鬱蒼とした森の中にある為、偶然にはなかなか発見できません。足場がとても悪く、凄い荒らされようなので入りませんでしたやっぱ心霊スポットだと、どこも目茶苦茶にやられちゃってますね…
http://blog.livedoor.jp/kurobee_ruins/archives/8113471.html
2013年5月26日探訪。お化けペンションや幽霊ペンションといった呼称であまりにも有名な心霊スポット。有名物件のわりには経歴が謎であり、開業や廃墟になった年は不明。現地へ行ってみると森の中にぽつんとこの物件だけがあり、かなり違和感を感じるのだが、どうやらこの地
http://www.geocities.jp/kashii_gannyuu/index.pension.htm
廃ペンション廃墟というより心霊スポットで有名なんじゃないでしょうか。近くまで行ったので、一度行ってみることにしました。こういうところを歩いていきます。夏ですからねー。木々が鬱蒼として雰囲気あります。雰囲気だけですが。入ってみましょう。正面に暖炉。現役時代はくつ
http://uraniwa060.blog.fc2.com/blog-entry-41.html
地元からは距離がありましたが、こちらの有名スポットに来てみました。森の中にあるペンションの廃墟です。過去には殺人や首つり、焼身自殺もあったとか…非常に分かりにくい場所にありましたがなんとか発見できました。かなり威圧感がある建物で探索を躊躇してしまいそうになりま
http://minkara.carview.co.jp/en/userid/1360631/blog/24839225/
今日から少しずつ今まで行った廃墟を紹介していきたいと思います鬱蒼とした森の中にひっそりと佇む洋風の建物。中には煉瓦で造られた暖炉。二階からの眺め。剥き出しになった屋根の骨組みから陽が差し込んでいます。
http://dateshigesane.jugem.jp/?eid=49
心霊スポットとしても名高い廃墟翁島ペンションである妄想力の豊かな心霊マニアの方には幽霊ペンションお化けペンションなどとも呼ばれる※なお、この物件は冬季の侵入はかなり難易度が高いですそれなりの装備の上アプローチしてくださいまた夏季の藪はあまり酷くなく冬季でなけれ
http://blog.livedoor.jp/mistral_mt/archives/31283954.html
今回も福島ですやはり東北は残存率が高くていいですね駅から少しだけ来た所にこんな道が出てきます見えてきました!この地域の経緯はわからないのですがかつては道路が碁盤のように整備されていたらしいですペンションが立ち並んでいたのでしょうか・・・・それとも計画までだった
http://pantani1966.blog92.fc2.com/blog-entry-1.html
第一回目は福島の幽霊ペンションと呼ばれる廃墟です。仙台から土湯バイパスの紅葉を抜け、猪苗代に到着。入口はわかりにくかったものの、アクセスは楽で簡単に目的地に到着。周りは樹木に覆われじめじめしている。この手の廃墟は床が抜けやすいので、嫌いなタイプの物件だ。ガラス
翁島ペンション(幽霊ペンション) 関連ワード
  • オーナーさん
  • 場所
  • 強い
  • 霊感
  • 面白い