中の湯(なかのゆ)は、福島県耶麻郡磐梯町にある温泉。 1970年代以前より一軒宿があったが、1990年代...

中の湯(磐梯町)

中の湯(磐梯町) 概要・歴史

中の湯(なかのゆ)は、福島県耶麻郡磐梯町にある温泉。 1970年代以前より一軒宿があったが、1990年代...

中の湯(磐梯町) 画像

中の湯の旅館跡
稲葉 聖岳 [CC BY-SA 4.0 (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/4.0)]

近くのスポット

中の湯(磐梯町) ストリートビュー・空中写真

中の湯(磐梯町) 関連ブログ・参考リンク

http://53922401.at.webry.info/201208/article_2.html
八方台登山口から中の湯まで1.1km」の表示 しばらくは緩やかなバラス道・・・ブナ林を進む。 約15分程で「中の湯」となる。 11:00 中の湯・・二酸化硫黄 硫化水素の温泉が噴出している。 「磐梯温泉:中の湯」・・・旅館跡は廃墟になっている。
http://www.f-banchan.net/aizu/bandaitozan/tozan.htm
標高は1819m,猪苗代町,磐梯町,北塩原村の3町村にまたがっている山で,別名会津富士,会津磐梯山とも呼ばれている.磐梯山は活火山 約30分でひらけて「中の湯」となる 硫黄の臭いが立ちこめており,かつては「磐梯温泉中の湯」の温泉旅館があった. 登山道脇には, 中の湯旅館跡は,今でも廃墟のように建っている. その前には温泉ツ黴
http://community.travel.yahoo.co.jp/mymemo/korotyann1958/blog/124671.html
2011年10月26日 硫黄の匂いがしてくると道が開け、昔は温泉旅館があったが、今は廃墟。 10:20 中の湯 (13:50 弘法清水出発 振り返ると赤く染まった磐梯山が見送ってくれている。 福島の百名山 15:00 中の湯 下りは周りのの景色も際立って見える。
http://www16.tok2.com/home/chacoandmonk/2010/1013bandaisan.html
2010年10月13日 早朝には完全にガスに隠れていた磐梯山であったが、午前7時頃になるときれいに晴れてくれた。 磐梯山の南側の磐梯町から磐梯山ゴールドラインを走り、裏磐梯に抜ける峠に当たる八方台の広い駐車場に車を 〈今は廃墟の中ノ湯跡〉.
http://achikochi.takema.net/kokunai3/07onogawa/07onogawa1.html
先月も山形の湯めぐりをしましたが、この週末も再び山形に宿泊なのであります。というのは、サイトを さて今日の朝一番湯は磐梯山中腹の「中の湯温泉跡」です。廃業した宿( 奥に目をやると、もはや廃墟と化した中の湯の建物が見えます。屋根や壁の状態ツ黴
http://blog.livedoor.jp/spui-tozan/archives/51924140.html
8:30 中ノ湯跡 bandai005 硫黄の臭いがすごい。廃墟になった中ノ湯の建物は立ち入り禁止。 banndai001 しばらく木道を歩きます。木道が終わって裏磐梯登山口への分岐を過ぎたあたりから、いよいよ本格的な登山道といった感じ。木段、 
http://blog.livedoor.jp/happajuku/archives/51611242.html
※「葉っぱ塾」では募集中の企画があります。右の「カテゴリー(Categories)」の「只今募集中の企画」}というところをクリックしてご覧ください。 昨日22日は、朝仕事で「会津磐梯山」に
http://satsunan226.blog.fc2.com/blog-entry-1058.html
という感じで、中ノ湯まで下ってきた。宿題にしておいた廃屋探検に出かける。まず野湯。あちこちで、まだぶくぶくと温泉が湧き出している。建物に近い湧出口に指を突っ込むと熱かった(50℃くらい?)。でも、それ以外の場所は冷たかった。水も湧き出しているようだ。こんなに近