国民宿舎五色沼 概要・歴史

国民宿舎五色沼は、福島県北塩原村にあった国民宿舎。毘沙門沼近く、国道459号線沿いに位置した。「国民宿舎G」等として紹介されていることもある。

1973年以降、1976年までに開業。

大きな切妻屋根が特徴の鉄筋4階地下1階建築であった。仙台市内の小学校の修学旅行などでしばしば活用されていた。

11月より冬季休業中の2008年2月頃に水道管が破裂、館内が水浸しになり、営業終了を検討。

休業中の2008年10月25日に火災が発生。焼け跡状態のまま廃墟化して残っていたが、2013年7月頃に解体された。

状態
解体され現存していません
2019年03月12日 更新

国民宿舎五色沼 住所

福島県耶麻郡北塩原村桧原

国民宿舎五色沼 種類

廃ホテル・宿泊保養施設・温泉

国民宿舎五色沼 画像・写真

国民宿舎五色沼

国民宿舎五色沼 ブログ・リポート

国民宿舎 五色沼|ゴンチのブログ 廃墟散策
http://ameblo.jp/gonti-4649/entry-11323894430.html
2012年8月9日 ゴンチ ~廃墟散策~のゴンチのブログ 廃墟散策の記事、国民宿舎 五色沼です。
国民宿舎『五色沼』 - フラジールに蕩れ。 - FC2
http://railliou.blog3.fc2.com/blog-entry-1185.html
2013年5月17日 プロフィール. しゃれこーべ. Author:しゃれこーべ 所在地:福島県 誕生日:1993年8月23日 趣味:旅・写真・廃墟・東方project・オカルト 現カメラ: Canon EOS Kiss X5 Sony サイバーショット DSC-RX100 iPhone4(主にInstagram) レンズ:
【解体】 国民宿舎五色沼 | Ruin's Cat -郷愁的廃墟写真- - メイン - FC2
http://ruinscat.blog.fc2.com/blog-entry-126.html
2014年2月13日 廃墟 『国民宿舎五色沼』 物件概要:宿泊施設所在地:福島県耶麻郡北塩原村桧原剣ケ峯1093-698 詳細な場所の地図はこちら→GoogleMap このブログに投票↑この記事が良いと思った方は、クリック(=10点の投票)をお願いします m(_ 
国民宿舎1|廃墟二番煎じ
http://nibansenji.com/tohoku/goshiki1.html
東北地方を代表する霊峰のひとつ、磐梯山のふもとに「五色沼」と呼ばれる景勝地がある。名前の通り、緑・赤・青など五色に輝くとされる湖沼群だ。その近くに、国民宿舎の廃墟があった。勤労者保養施設「国民宿舎五色沼」だが、正面から眺めると何やら様子がおかしいことに気がつく
廃墟探訪~国民宿舎G~|wesampo
http://ameblo.jp/shiromaru8/entry-11170843073.html
とある観光地に佇む、宿泊施設跡。ご覧のとおりなの。火の跡がくっきりと見てとれるほど、生々しい焼け跡。では、おじゃまままま。下足箱も焼けただれ・・かなりの勢いで燃えておる。煤の臭いがツンとする。火事があったのは何年も前らしいが、今でも火事の臭いが充満している。
【廃墟】国民宿舎G|廃墟に魅せられて
http://ameblo.jp/airitakashi/entry-10989613138.html
広い敷地の奥、清々しい風景に異様なオーラを放っている建物が。中に入ると焼けていました。どうやら火事物件のようです。焼けていると何の部屋だか分からないのが残念です。厨房と思われる部屋。こんがり焼けています。廃墟になってからの火事なんだそうです。階段。防火扉は何の
国民宿舎G
http://www.geocities.jp/kashii_gannyuu/index.kokuming.htm
国民宿舎G2007年11月に休業した国民宿舎。その後焼失。宿泊先へ向かう途中に出会った物件だが、廃墟があるのなら入ってみない訳にはいかないだろ個人的に考えて。この建物が視界に入った瞬間は声を上げそうになった目立つのなんのって・・・火災が起きたのは2008年10
日記 国民宿舎五色沼、解体される
http://2sk170.blog.fc2.com/blog-entry-289.html
自転車で日本縦断中の某後輩が泊まりにきた。廃墟系の人なので、一緒に廃墟探索をしてきた(9/28)。裏磐梯方面に向かい、1箇所目は割と名の知れた某所で、1時間程度かけて一通り撮影。次に、2箇所目として考えていた「国民宿舎五色沼」に向かったが、取り壊されており、空
裏磐梯の廃墟群: Yamaro.net@blog
http://yamaro.asablo.jp/blog/2012/02/19/6340989
すっかり雪に埋まった看板には、勤労者保養施設という文字がうっすら見えます。学生やニート、ご隠居はお断りです(笑さすが裏磐梯、積雪が結構あって、今回は遠巻きに眺めるだけになります。この物件、08年に火災が発生し、以降現在まで放置されております。一応国の施設のはず
国民宿舎五色沼【解体】(福島県耶麻郡) | 廃墟写真ブログ -Ruins Cat-
http://ruins-cat.com/blog-entry-126.html
探訪日:2013年更地。関東から東北まで出てきたというのに。廃墟『国民宿舎五色沼』物件概要:宿泊施設所在地:福島県耶麻郡北塩原村

ピックアップ廃墟