ホテル・エノモト 概要・歴史

森に埋もれる円形ホテル

ホテル・エノモトは福島県耶麻郡北塩原村にあったホテル。県道2号線米沢猪苗代線沿いに位置する。

平屋建ての長方形建物に円形(六角形)の二階建て部分が接続されたユニークな構造をしている。

開業時期不詳ながら、1955(昭和30)年以降、1976(昭和51)年までに開業している。

少なくとも1988(昭和53)年頃までは営業していた。

2014(平成26)年時点でかなり朽ちた状態となっている。

2018(平成30)年5月時点で現存し、全体に蔦が絡まり、ガラスに損壊が見られる。

状態
2019年05月09日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

ホテル・エノモト 住所

福島県耶麻郡北塩原村桧原

ホテル・エノモト 種類

廃ホテル・宿泊保養施設・温泉

ホテル・エノモト 画像・写真

ホテル・エノモト
ホテル・エノモト
ホテル・エノモト
八角形のユニークな構造である
ホテル・エノモト
八角形部分に長方形部分が接続される構造
ホテル・エノモト
長方形部分がフロントになっている
ホテル・エノモト
ホテル・エノモト
ホテル・エノモト
ホテル・エノモト
ホテル・エノモト
八角形部分は二階建てで、一階二階両方に部屋がある

ホテル・エノモト ストリートビュー・空中写真

ホテル・エノモト ブログ・リポート

【オリジナル物件】円形ホテル「エノモト」 | Ruins Cat -郷愁的廃墟写真-
http://ruinscat.blog.fc2.com/blog-entry-128.html
磐梯山の麓、東北を代表する湖沼群「五色沼」を擁する風光明媚なこの土地に、その珍しい造りのホテルはあった。次回更新ではこの廃墟を紹介していく。
【探索レポート】円形ホテル「エノモト」 その4【オリジナル物件】 - メイン - FC2
http://ruinscat.blog.fc2.com/blog-entry-132.html
(その3より続き) 晩秋の紅葉が、廃墟に寂しく映える。 (了) このブログに投票↑この 廃墟_円形ホテル「エノモト」_管理者居住区_廊下 廃墟_円形ホテル「エノモト」_ .. 【解体情報】メキシコサボテン公園 サラバンダ. マイナビニュースで廃墟 
【探索レポート】円形ホテル「エノモト」 その2【オリジナル物件】 - メイン - FC2
http://ruinscat.blog.fc2.com/blog-entry-130.html
その1より続き) 廃墟_円形ホテル「エノモト」_台所 受付の奥の部屋は台所になっていた。 廃墟_円形ホテル「エノモト」_小麦粉 中を開ける勇気はない。 廃墟_円形ホテル「エノモト」_茶碗 せっかく綺麗にしたのに、洗う前より汚くなってしまった。
【探索レポート】円形ホテル「エノモト」 その1【オリジナル物件】 - メイン - FC2
http://ruinscat.blog.fc2.com/blog-entry-129.html
廃墟_円形ホテル「エノモト」_周辺風景 東北廃墟旅の途中、道路脇に明らかな廃墟が目についた。 外観だけでもと思い、撮影の時間を少し取って近づいてみる。 廃墟_円形ホテル「エノモト」_円形部分アップ はしごが不自然に切れている。
【探索レポート】円形ホテル「エノモト」 その3【オリジナル物件】 - メイン - FC2
http://ruinscat.blog.fc2.com/blog-entry-131.html
廃墟_円形ホテル「エノモト」_円の中心 建物全体は前方後円墳の形をしており、今その「円」の中心に居る。 「方」部分がこれまでに見てきた受付と管理者居住区、「円」部分が客間となっている。 そして管理者居住区と客間は写真のように接続 

ピックアップ廃墟