きりん堂旧店舗 概要・歴史

きりん堂旧店舗は新潟県東蒲原郡阿賀町の菓子店跡。国道49号線沿いに位置する。

同町内にある同盟店舗の移転前旧施設らしい。きりん堂自体は現役店舗である。

1976年以降、1985年までに建設。

RC造二階建ての中規模店舗である。

2007年頃に移転・リニューアルオープンしたらしく、この時期より不使用状態となったと見られる。

2019年5月時点で現存し、敷地内に雑草が茂りテントに破れがあるものの、建物自体は大きな損壊もなく管理されている。

「婚礼式菓子」「笹だんご」「おいしいまんじゅう」「田舎しるこ」「コーヒー&ケーキ」「津川名物 三四郎そば」「新潟県推奨優良品 三四郎餅」「有限会社きりん堂」「きりん山もなか」の文字が見られる。

「三四郎そば」「三四郎餅」は姿三四郎が由来らしい。富田常雄の長編小説『姿三四郎』に登場する主人公の姿三四郎は、実在の柔道家・西郷四郎をモデルとしていると言われ、共に会津出身である。

現在のきりん堂にはこの三四郎から「スリーフォーケーキ」というケーキが販売されており、好評を博しているらしい。

状態
2019年05月10日作成  2019年05月10日更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

きりん堂旧店舗 住所

新潟県東蒲原郡阿賀町野村

きりん堂旧店舗 種類

商店

きりん堂旧店舗 画像・写真

きりん堂旧店舗
きりん堂旧店舗
きりん堂旧店舗
朽ちながらも脇に咲く桜とカラフルな店舗跡が美しく馴染む
朽ちながらも脇に咲く桜とカラフルな店舗跡が美しく馴染む
きりん堂旧店舗
きりん堂旧店舗

きりん堂旧店舗 ストリートビュー・空中写真

ピックアップ廃墟