カラオケイエローBOXいろはは岡山県浅口市のカラオケボックス。国道2号線沿い、JR里庄駅と鴨方駅の中間...

カラオケイエローBOXいろは

カラオケイエローBOXいろは 概要・歴史

カラオケイエローBOXいろはは岡山県浅口市のカラオケボックス。国道2号線沿い、JR里庄駅と鴨方駅の中間...

カラオケイエローBOXいろは 画像

イエローボックス正面(2019年11月)
イエローボックス正面
提供画像 転載禁止

近くのスポット

カラオケイエローBOXいろは ストリートビュー・空中写真

カラオケイエローBOXいろは 関連ブログ・参考リンク

https://www.okayamania.com/colum/kigyou/6.htm
 今でも根強い人気を誇るカラオケボックス。 団体で楽しく騒ぐ人もいれば、一人カラオケで自分だけの時間を気ままに過ごすという人もいて、楽しみ方も多種多様になってきました。 実はカラオケボックスは、岡山発祥です。カラオケボックスとは カラオケが普及し始めたのは1970年代だと言われています。 井上大佑という方が作ったカラオケ用の機器が人気を博し、日本中に普及していきました。 岡山発祥の『カラオケボックス』は、従来は飲食店などに設置されていたカラオケを、個別の空間に設置し、歌う事を目的としたビジネススタイルに置き換える画期的なものでした。
http://enjoysing.com/2013_09_01_23_00_30
カラオケボックス発祥の地は、1985年の岡山市というのが定説ですが、日本で最初のカラオケボックスとされるのが、岡山市のこの「イエローBOXカラオケ広場」です。1985年当時の開店場所とは若干異なっているそうですが、当時の店主さんが今でも日本最初のカラオケボックスを守り続けています。何を隠そう、カラオケ評論家・唯野もまた岡山市出身。カラオケボックス発祥の地、岡山で生まれたことを誇りに思います。もっとも、開店当時はまだ10歳だったので、リアルタイムに歌いに行ける年齢ではまだありませんでしたが…。昔ながらの、本当の「カラオケ「ボックス」」というレトロな外観です。この形式で今でも営業しているところ、なかなかいい味が出ています。そうなんです、昔はカラオケボックスと言えばコンテナ形式が主流だったのです。そんな、カラオケの歴史を感じさせてくれるカラオケボックス、「イエローBOX」。カラオケファンなら一度は尋ねてみたいお店かと思います。