湧網線

湧網線(ゆうもうせん)は、日本国有鉄道が運営していた鉄道路線。北海道紋別郡上湧別町(現:湧別町)の中湧別駅で名寄本線から分岐し、サロマ湖、オホーツク海、能取湖等の沿岸を巡って網走市の網走駅に至る。1987年に廃止された。車窓から見られる風景が美しい路線として知られていた。

地図は能取駅跡。現在は「能取児童公園」の一角にホームと路盤が残っている。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

湧網線 住所

北海道網走市能取

湧網線 種類

廃線・鉄道駅

湧網線 画像

湧網線 写真・ブログ・リポート

'82北海道合宿から~サロマ湖畔・オホーツク海をゆく湧網線編
http://count32totteoki.naganoblog.jp/e819537.html
▼名寄本線とともにオホーツク海岸に敷設された湧網線。いずれも廃線の憂き目に。湧網線の廃止は国鉄時代末期の'87年 この後、計呂地駅まで歩き、先ほど撮った国鉄標準色で中湧別折り返しの923Dで常呂へ。
湧網線廃線跡調査
http://www.tetsuroni.jp/haisen/yuumou1.html
湧網線廃線跡調査 1 網走と名寄本線(すでに廃線)の中湧別を結んでいた路線。 しかし、昭和56年時点で2156と営業係数の高い湧網線は、国鉄再建法に基づく第二次 廃止対象路線の一つに選定され、昭和62年3月20日にバスに転換されて廃止となった。
湧網線(2)
http://tkohara.la.coocan.jp/monbetsu2.html
そして、網走とを結んでいた湧網線の廃線跡へと足を向けます。 中湧別駅を出発、 サロマ湖に近づいた後、しばらく進むと、最初の駅だった芭露駅跡に到着です。 芭露駅 跡の碑 残念ながら、芭露駅跡は長らく残っていた駅舎やホームが既に取り払われ、 小さな駅
北海道廃線跡紀行-3 湧網線
http://www.horae.dti.ne.jp/~tabi-pr/h_haisen.html
北海道の鉄道廃線跡を旅する(3)。湧網線廃線跡。風光明媚な路線として人気だった。 能取湖沿いの小さな橋、能取駅跡、知来駅駅舎など.
湧網線 - 廃線跡Report
http://www.geocities.jp/xxreport2/repo/yumou.html
湧網線. 北海道の廃線跡を訪ねて 1953.10.22 下佐呂間 - 中佐呂間開通、湧網線に 改称 1987.03.20 廃止 湧網線は、オホーツク海沿岸の開発を目的として、まず網走と中 湧別からそれぞれ湧網東線、湧網西線として開通したのが始まり。改正鉄道敷設法に
廃線探索 湧網線
http://www.hotetu.net/haisen/Hokkaido/090814yuumousen.html
2009年12月1日 ⑤二見中央仮乗降場 - 二見ヶ岡駅間の湧網線廃線跡。 ⑥二見中央仮乗降場(ふたみ ちゅうおうかりじょうこうじょう)は、かつて北海道網走市にあった日本国有鉄道(国鉄)湧 網線の仮乗降場(局設定)である。1987年3月20日、湧網線の廃線
湧網線 - 廃線跡Report
http://www1.linkclub.or.jp/~okutomo/repo/yumou.html
湧網線. 北海道の廃線跡を訪ねて. HOME · 地図 · 廃線リスト 湧網線に改称 1987.03.20 廃止 湧網線は、オホーツク海沿岸の開発を目的として、まず網走と中湧別 からそれぞれ湧網東線、湧網西線として開通したのが始まり。改正鉄道敷設法にも「 北見国中
北へ!2011 黄金週間の車男の実況その41
http://blogs.yahoo.co.jp/t_o1978jp/43235407.html
能取湖を左に国道238号を突っ走っていると、前方にいきなりSL発見!! しかも96じゃないですか!! かつての国鉄湧網線 卯原内の跡地に作られた交通公園のようです。廃線となっても誇り高い勇姿を見られるのは嬉しいものです
キューロクの日常(湧網線)
http://kudaomaku.blog28.fc2.com/blog-entry-1088.html
今日は湧網線でのカットから。お立ち台のカーブに至る手前での構図です。 中湧別~網走(89.8km)のローカル線は昭和62年3月に廃線となりました。 ちなみに超ローカルな湧別~中湧別(4.9km)は名寄本線の支線だったようです。
少し昔の北海道の鉄道 名寄本線 湧網線
http://www.yos.ne.jp/tempoku/train-NayoroYuumou.html
北海道の廃止ローカル線 前面展望DVD 160x600 冬の客車列車160x600 『廃線』の 旅 湧網線 中湧別-佐呂間-網走 89.8km 1987年廃止 動画は、YouTube(および ニコニコ動画)で視聴できます (サムネイルをクリックすると再生できます)
湧網線(ゆうもうせん)関連 記念館と交通公園
http://azusan36.blog40.fc2.com/blog-entry-1745.html
湧網線が1987年(昭和62年)3月20日、名寄本線が1989年(平成元年)5月1日に廃線となり廃駅となった。 廃止された名寄線・湧網線の旧中湧別駅構内の施設が保存されている。 駅舎は撤去されたが、開業当時からの木造跨線橋・レール・ホームが現存している。
大日本ノスタルジィ鉄道 湧網線 - 日本海
http://www.nihonkai.com/railroad/yuumou/yuumou.html
湧網線 営業㌔ 89.8km 全線開通 昭和28年10月22日 昭和62年3月19日廃止. 名寄 本線 湧別-四号線(仮)-中湧別 営業㌔ 4.9km 湧網線 中湧別-五鹿山(仮)-福島( 仮)-芭露-志撫子(仮)-計呂地-浜床丹(仮)-床丹-若里(仮)-佐呂間-堺橋(  
国鉄湧網線
http://tkohara.la.coocan.jp/doutou04.html
昭和62年(1987)まで、「中湧別~網走」を走り続けた、国鉄湧網線。 晩年は、1日5往復 に絞られてしまったものの、形容する言葉の浮かばない、オホーツクを横目に、元気に 走った国鉄湧網線。 廃線後は、線路跡のかなりの部分が、舗装サイクリングロードに 
湧網線 - 鉄道歴史地図 路線図・廃線
http://rail.crap.jp/r/11217.html
湧網線(ゆうもうせん)は、日本国有鉄道が運営していた鉄道路線(地方交通線)。北海道紋別郡上湧別町(現:湧別町)の中湧別駅で名寄本線から分岐し、サロマ湖、オホーツク海、能取湖等の沿岸を巡って網走市の網走駅に至る。
山で働いていた が淡々と綴る日記もどき:網走から紋別へ
http://blog.livedoor.jp/iihsoy999/archives/51177583.html
網走からは、9月30日で中湧別-常呂間が廃止となった湧網線代替バスに乗車。 ターミナル内に貼ってあった廃止のお知らせ。・・・なんだか他人事のような文面ですね。網走バスとしては自社路線というより、補助金で運行