倉吉線 概要・歴史

多くのレール跡が残る倉吉線

倉吉線(くらよしせん)は、かつて鳥取県倉吉市の倉吉駅から東伯郡関金町(現在は倉吉市の一部)の山守駅まで結んでいた、日本国有鉄道(国鉄)の鉄道路線(地方交通線)である。国鉄再建法の施行により、1981年に特定地方交通線第1次廃止対象線区として承認され、1985年4月1日に廃止された。

廃線跡は、市街地ではサイクリングロード(西倉吉 - 上小鴨間は鳥取県道501号倉吉東郷自転車道線(伯耆自転車道・花と緑のふれあいロード))、上小鴨駅付近は国道313号のバイパスなどになっているが、上小鴨駅から山守駅にかけては廃線より20余年を経てなおレールなどがそのまま放置されている場所が多数存在する。泰久寺駅から山守駅間にある山守トンネルは崩落する危険性があるため、蓋がされている。また、打吹駅跡地には倉吉線鉄道記念館が建てられ、C11 75号機が保存展示されている。

地図は泰久寺駅跡。草に埋もれかけたホームとレールが残っている。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

倉吉線 住所

鳥取県倉吉市関金町今西

倉吉線 種類

廃線・鉄道駅

倉吉線 画像・写真

倉吉線

倉吉線 ストリートビュー・空中写真

倉吉線 スポット

倉吉線 ブログ・リポート

鉄道廃線跡を歩く(旧国鉄倉吉線その6)
http://blogs.yahoo.co.jp/rinranpapa/34622168.html
昨年秋に訪問した未成線、今福線と同時期に施工されている。こちらは、その後昭和33年に延長開業されているが、今福線は開業されぬままに廃止となった。今福線も戦後すぐに復活 製材所は廃線後に建てられたもののようで、もう一方の橋台
鉄道廃線跡を歩く(旧国鉄倉吉線その5)
http://blogs.yahoo.co.jp/rinranpapa/34620750.html
先日、旧小鴨駅周辺まで歩いて廃線跡をたどったのですが、そこから南に向かってはバス便が極端に少なくなることから、後日自家用車でめぐることにしました。 【旧上小鴨駅跡】 西倉吉から4km続くサイクリングロードの起点。
鉄道廃線跡を歩く(旧国鉄倉吉線その4)
http://blogs.yahoo.co.jp/rinranpapa/34602746.html
桜並木の続く、少し盛り上がった路盤は、まさに鉄道廃線跡のそれだった。 先ほどの西倉吉駅跡から旧上小鴨駅跡までは「花と緑のふれあいロード」として3.9kmにわたり整備されている。 折からの黄砂で少し視界は悪いが、桜並木の緑が快適な散歩道だった。
鉄道廃線跡を歩く(旧国鉄倉吉線その3)
http://blogs.yahoo.co.jp/rinranpapa/34602619.html
旧倉吉線開通と廃線の時を表現しているらしい。 出発から2時間近く経過し、旧打吹駅付近に到着。倉吉駅から4.2kmに位置している。 打吹はもともと倉吉の中心地で、一時は倉吉駅となっていた。
鉄道廃線跡を歩く(旧国鉄倉吉線その2)
http://blogs.yahoo.co.jp/rinranpapa/34601962.html
本職のカメラマンではなく、ここが廃線跡なので訪ねているという趣旨のことを話したが、この子たちの興味は別のことにあったらしく、話がかみ合わないので「じゃあね、バイバイ。」と言って別れる。
国鉄倉吉線
http://club-shinko.sakura.ne.jp/kurayoshi_1.html
国鉄倉吉線廃線跡探訪 国鉄倉吉線は1912年に倉吉軽便線として開通し、当初は 上井(現・倉吉)から岡山の姫新線中国勝山までを結ぶ予定で計画が進んでいましたが、 国鉄再建でこの計画はあえなく中止となり、結局、倉吉市の隣町である旧・関金町(現在
国鉄倉吉線 - The Ruins of Rail --- 廃線跡を旅する
http://www.kysd.net/kurayoshi.html
しかし、昭和55年に成立した国鉄再建法で、倉吉線は再び廃止対象のやり玉に上がる こととなった。この法律では、「赤字83線」の時の反省もあって、2年間で協議が整わ なければ国鉄が独自に廃止申請できる、いわゆる「見切り発車事項」がついたため、 交渉
旧国鉄倉吉線廃線跡トレッキングDay/名古屋本部/とりネット/鳥取県公式
http://www.pref.tottori.lg.jp/94270.htm
旧国鉄倉吉線廃線跡トレッキングDay. もどる|. ※今回の「オープンDay」は、終了して おります。 明治45年に開通した旧国鉄倉吉線は昭和60年3月31日に廃線となりました。 22年が経った昨年、新たにウォーキング型観光商品としてお目見えしました。通常は、
こまものや日記: 旧国鉄倉吉線廃線跡桜ウォーク[2010春](2)
http://komamonoyajun.blog.eonet.jp/komamonoyanikki/2010/04/2010-8ac8.html
2010年4月20日 旧国鉄倉吉線廃線跡桜ウォーク[2010春](2). いろいろと調べてみると… 関金町が倉吉 市に合併したのは2005年3月、五年前ですね。 倉吉線は1912(明治45)年6月に上井( 現・倉吉=改称は1972年)~倉吉(1972年に打吹に改称)が開通、
第12回SUN-IN未来ウオーク(2日目)
http://time-travelers.way-nifty.com/blog/2012/06/12sun-in2-e12a.html
第12回SUN-IN味来ウオーク2日目です 今日は「八犬伝・国鉄廃線コース30km」です 今日の目玉は国鉄倉吉線の廃線跡でしょう 心配された天気も、明け方まで嵐でしたが だんだんと雲も切れてきて回復してきました 道床は残っている所や
国鉄倉吉線廃線跡を辿る その2(鳥取県倉吉市) - 三日月の館 2
http://blogs.yahoo.co.jp/kanezane2/24025878.html
2012年10月22日 田内城や牛骨ラーメンの寄り道で2時間ロスしてしまいました まだ打吹城も登っていない のに夕暮れ時が近づいてまいりましたので、いそいで見日町へ戻る。 イメージ 1. 上灘駅 跡。 イメージ 2. 上灘駅から打吹駅に向けて進みます。 イメージ 3
国鉄倉吉線廃線跡を辿る その1(鳥取県倉吉市) - 三日月の館 2
http://blogs.yahoo.co.jp/kanezane2/24011864.html
2012年10月19日 【国鉄倉吉線】 倉吉線は、かつて鳥取県倉吉市の倉吉駅から東伯郡関金町(現在は 倉吉市の一部)の山守駅まで結んでいた国鉄の鉄道路線。 明治45年(1912)に、山陰 本線の上井駅(現在の倉吉駅)と倉吉町(現在の倉吉市)の市街地である
国鉄倉吉線廃線跡 - nifty
http://homepage3.nifty.com/haisentetsudouryou/064kurayoshi1.html
駅名, 営業キロ. 倉吉, くらよし, 0.0. 上灘, うわなだ, 2.4. 打吹, うつぶき, 4.2. 西倉吉, にしくらよし, 6.8. 小鴨, おがも, 8.8. 上小鴨, かみおがも, 10.6. 関金, せきがね, 15.2. 泰久寺, たいきゅうじ, 18.2. 山守, やまもり, 20.0 
国鉄倉吉線廃線跡4 関金-山守間 - nifty
http://homepage3.nifty.com/haisentetsudouryou/064kurayoshi5.html
国鉄倉吉線④関金~山守間 関金駅跡からは1キロ程道路が続くが、突如道路は途切れレールが残された路盤が続くようになる。路盤は踏切跡部以外にはレールが残されている。 レールが続く, 徐々に盛土で高度を上げる. 徐々に盛土で高度をあげるが集落内で 
ありし日の幻影国鉄倉吉線
http://haikyo117.blog.fc2.com/blog-entry-4.html
1912年(明治45年)に倉吉軽便鉄道として開業し大正年代には中国山地を越えて勝山駅までの路線を計画されたが、オイルショックや国鉄民営化の波で中国山地を越えられず1985年に廃線になった廃線跡です。倉吉側は道路になったりしてますが、関金~山守間は錆びついた鉄路

ピックアップ廃墟