ブラシパーク歴史地区(ウィリアム・リビングストーン・ハウス) 概要・歴史

ブラシパーク歴史地区(Brush Park Historic District)は、アメリカ合衆国ミシガン州のデトロイト中心部に位置する地区。空き地が目立ち、廃墟化が進んでいる。

ウィリアム・リビングストーン・ハウスは、ブラシパーク歴史地区にある廃墟の一つで、1893年に建てられたフランス・ルネサンス調の建築。建築家アルバート・カーンの設計による。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

ブラシパーク歴史地区(ウィリアム・リビングストーン・ハウス) 国

アメリカ合衆国ミシガン州デトロイト

ブラシパーク歴史地区(ウィリアム・リビングストーン・ハウス) 種類

廃村・過疎集落・ゴーストタウン

ブラシパーク歴史地区(ウィリアム・リビングストーン・ハウス) 画像・写真

ブラシパーク歴史地区(ウィリアム・リビングストーン・ハウス)

ブラシパーク歴史地区(ウィリアム・リビングストーン・ハウス) ブログ・リポート

デトロイトの廃墟 ブラシパーク歴史地区を探検 : Brush Park Historic District | Tomboy Urbex
http://www.tomboy-urbex.com/brush-park-historic-district/
ブラシパーク歴史地区はデトロイトのミッドタウンに位置し、フランス様式やルネッサンスリバイバル、ビクトリア様式の住居が立ち並ぶ地域です。最近では歴史的な家の多くが廃墟化しています…もったいない。売り物件もあるので、お金に余裕のある方は別荘として購入したらいいかも
デトロイトの特別な廃墟・ブラシパーク歴史地区 | 死ぬまでに一度は行っ
http://worldtv.blog.fc2.com/blog-entry-602.html
4 日前 今回の旅行先は「アメリカ」です。 典型的な「空洞化」で有名なデトロイト。(デトロイト・ 劇場の廃墟)郊外には富裕層が住んでいて治安も良く、景観も綺麗なのですが、街の 中心部は空き地が広がり、廃墟が点在します。しかし、そんな廃墟の

ピックアップ廃墟