ライオライト(Rhyolite、ネバダ州)

アメリカ合衆国ネバダ州にあるゴーストタウン・ライオライト(リオライト)。

1904年に始まったゴールドラッシュによってできた町で、1905年から1910年にかけて人口のピークにあり、その後金生産量の減少と共に衰退、1919年に放棄された。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

ライオライト(Rhyolite、ネバダ州) 国

アメリカ合衆国

ライオライト(Rhyolite、ネバダ州) 種類

廃村・過疎集落・ゴーストタウン

ライオライト(Rhyolite、ネバダ州) 画像

ライオライト(Rhyolite、ネバダ州) 写真・ブログ・リポート

ゴーストタウンを探検-壱の巻@Rhyolite|パークツアーサービスのブログ
http://ameblo.jp/parktour-lasvegas/entry-11144401419.html
話題のゴーストが住むホテルは、ちょっと薄ら寒かったって思い出がある オバケ. 今回はネバダ州にあるゴーストタウン. Rhyolite ライオライトを探検してきた!! ラスベガスから約120マイル(約200km)ほど. 北にあるライオライト村を目指す 車.
アメリカ合衆国国立公園の旅 5日目 滑川スネヲ的多事争論/ウェブリブログ
http://thunderbird681.at.webry.info/200612/article_2.html
それ故、交通量は結構多い。33番出口で州間高速道路を降り、ネバダ州道160号線に入る。 州道160号線沿いで . この州道374号線の途中に、「ライオライト(Rhyolite)」というゴーストタウンがあるので、寄ってみる事とする。ライオライトは 
ラスベガス旅行・1日目 デトロイト日記 - FC2
http://pitopon.blog81.fc2.com/blog-entry-230.html
公園内に入る前にある「ライオライト(Rhyolite)」というゴーストタウンを見るためだったのですが、行ってみたらほんの数軒の建物が残っているだけで、ちょっとガッカリでした。写真は撮りましたが見せる程ではないので載せません・・・
アメリカ旅行その7|もりもり日記 - Ameba
http://ameblo.jp/saegusaakito/entry-10911646382.html
程なくしてネバダ州に入ったので時間を1時間戻す。なんか得した気分。 9時頃ラスベガスの街に入ったがホテル群を まずは、近くにあるライオライトというゴーストタウンに向かう。 ここは100年ほど前、. ゴールドラッシュのころは8000人の