ルーズベルト島の天然痘病院(スモールポックス病院)

ニューヨークの廃墟隔離病院

アメリカ合衆国ニューヨーク州のルーズベルト島にある天然痘病院跡・スモールポックス病院(Smallpox Hospital)。1856年に開院した。

クイーンズとマンハッタンの間に位置するルーズベルト島は、当時ブラックウェル島と呼ばれ、島には他に刑務所や精神病院があった。年間7000人の患者が治療を受け、450人ほどが死亡した。

島は1921年に福祉島と改称され、1950年代に多くの施設が閉鎖され放棄された。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

ルーズベルト島の天然痘病院(スモールポックス病院) 国

アメリカ合衆国ニューヨーク州

ルーズベルト島の天然痘病院(スモールポックス病院) 種類

廃病院

ルーズベルト島の天然痘病院(スモールポックス病院) 画像

ルーズベルト島の天然痘病院(スモールポックス病院)

ルーズベルト島の天然痘病院(スモールポックス病院) 写真・ブログ・リポート

ナナメに歩こー 【NY】ルーズベルト島の病院廃墟
http://chie3446.blog.fc2.com/blog-entry-986.html
ルーズベルト島の病院廃墟2 この、天然痘の隔離病院の廃墟があるのデス でも最近その廃墟は整備の手が入ってフェンスなんかできてしまってあまり面白くなくなったかもしれません… えぇ?!廃墟を整備するなんてイカンだろ! RIMG0283

ピックアップ廃墟