カラマズー精神病院(Kalamazoo Psychiatric Hospital)

カラマズー精神病院Kalamazoo Psychiatric Hospital)はアメリカ合衆国ミシガン州カラマズーの精神病院。ミシガン州最大の精神医療機関で、カークブライド・プランに基いて設計された。

1859年8月29日開設。当初「ミシガン・アサイラム」と言われていたが、1911年にミシガン州立病院に改称、1978年にカラマズー地域精神病院に、1995年7月にカラマズー精神病院に改称された。カラマズー精神病院自体は現役施設である。

マルコムXの母、ルイーズ・リトルは、1938年に神経衰弱によりこの病院に入り、1963年まで入院していた。

カラマズー精神病院の北西ユニット(Northwest Unit)は1954年に建設された、南西ミシガン結核サナトリウム(Southwest Michigan Tuberculosis Sanatorium)として1970年代まで使われていた。1990年に閉鎖され、その後ウェスタンミシガン大学の所有となり、廃墟化していた。

心霊スポットなどと言われ、破壊行為などが目立ち、2011年に取り壊された。

解体され現存していません

カラマズー精神病院(Kalamazoo Psychiatric Hospital) 国

アメリカ合衆国ミシガン州カラマズー

カラマズー精神病院(Kalamazoo Psychiatric Hospital) 種類

廃病院

ピックアップ廃墟