砂漠の難破船the Eduard Bohlen

砂漠の難破船

ナミビアの骸骨海岸コンセプション湾にある「砂漠の難破船」エドゥアード・ボーデン号(Eduard Bohlen)。

1909年9月5日、スワコプムントからテーブル・ベイに向かう途中、濃霧が原因で骸骨海岸で難破した。現在は海岸から離れた砂の上に横たわっている。

航空写真でも確認することができる。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

砂漠の難破船the Eduard Bohlen 国

ナミビア

砂漠の難破船the Eduard Bohlen 種類

廃車・廃船・廃飛行機

砂漠の難破船the Eduard Bohlen 画像

砂漠の難破船the Eduard Bohlen 写真・ブログ・リポート

日本財団図書館(電子図書館) アフリカにおける海洋放置船舶の実態
http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2001/00828/contents/00016.htm
難破船は「Edward Bohlen」(1910)で、場所は、ナミビア南部のナミブ砂漠、 Conception Bay である。 このように、ナミビアでは難破船を写真の対象として使ったり 、絵画の主題として砂漠と難破船を使ったりするケースが目立つ。 z0001_27.jpg. NMB -6 解説
よまれこまぎと 「砂漠の難破船」をネットで探した
http://naimon.blog122.fc2.com/blog-entry-151.html
2009年3月8日 あるどこかの砂漠の上に、難破船がある風景。 これは、まじめにいえば、 Googleで「 砂漠、難破船」で検索しても、違うものが表示される。 ファイル名で検索 写真:flickr: Shipwreck of Eduard Bohlen Michael Poliza 場所など:日本財団